白石和彌監督が描いた“壊れかけの家族”とは――「ひとよ」の光と影に見る“母と子どもの心の揺れ”(1/2 ページ)

白石監督「(家族って)面倒くさい(笑)」。

» 2019年11月04日 12時30分 公開
[のとほのかねとらぼ]

 「凶悪」や「孤狼の血」など骨太な作品を多く手掛けてきた白石和彌監督が手掛けた映画「ひとよ」が11月8日に公開されます。

 劇作家の桑原裕子さんが作/演出を手掛けた劇団「KAKUTA」の15周年記念作品を俳優の佐藤健さん、鈴木亮平さん、松岡茉優さん、田中裕子さんら豪華キャストで映画化した同作。タクシー会社を営む稲村家の母・こはるが、子どもたちを守るために愛する夫を殺めてしまった“一夜”をきっかけに、壊れかけてしまう家族が描かれます。

ひとよ 白石和彌 佐藤健 鈴木亮平 松岡茉優 田中裕子 桑原裕子 KAKUTA (C) 2019「ひとよ」製作委員会

 これまで扱わなかった“家族”をテーマに取り上げた白石監督。描きたかった“家族”とは何だったのか迫りました。

“壊れかけた何か”の中にそれぞれの思いを投入した

ひとよ 白石和彌 佐藤健 鈴木亮平 松岡茉優 田中裕子 桑原裕子 KAKUTA 家族に対する思いも語ってくれました

――監督が“いつかは撮らねばならない”としていた家族をテーマとした「ひとよ」ですが、監督ご自身は家族をどのように捉えていますか?

白石和彌監督(以下、白石監督): 面倒くさい(笑)。勝手に生まれてきてしまったし、人間だから全部が全部うまくいくとは限らない。じゃあ、縁を切ればいいじゃないか、というとそうもいかない。親っていうものは、たいがいの場合は、ですが、子どもを愛しているから余計に面倒ですよね。

――親も子どももお互いを選べる訳ではないから普通の人間関係より難しいですよね。ただ、家族を扱った作品はたくさんありますが、その中でも「ひとよ」を題材にした理由は?

白石監督: 桑原さんの世界に撃ち抜かれたプロデューサーから、声をかけていただいたことが始まりです。お話をいただいて、桑原さんがやろうとしている熱量が伝わりましたし、“壊れかけた何か”の中に僕や脚本の高橋泉くん(高ははしごだか)の思いを投入しながらいい作品ができるだろうなという予感がありました。

劇中の“影”にこだわる理由

――壊れかけた何かの中で生きる家族を、ただ複雑に描くだけではなく、優しい光で包み込んでいたように思います。

白石監督: 桑原さんと対談した際にお話したことですが、親は子どもに何かを期待しているところがあると思うけれど、その期待に応えられる子どもってそうそういないですよね。だとしたら人間はそんなに成長するものでもないし、むしろ失敗するものなので、そこを受け入れられたらきっとお互いを許すことができるのではないかと思ったので、“ほんの1歩に満たない何か”を描けたら、希望とまではいかないかもしれないですが、少し先に光が見える映画になるのかなと考えながら作っていました。

――母が帰ってきて15年ぶりに再会したシーンのボーダーの光や雄二とこはるが対峙(たいじ)したシーンなど、劇中の光と影の使い方も印象的でした。

白石監督: おっしゃる通りで、意識的なものです。母が帰ってきたシーンの光は最初、ボーダーではなかったんですが、もうちょっとエッジの効いた光にして線を見せてほしいと照明部やカメラマンにオーダーしました。恐らく、「15年後に帰ってきます」と母親が言い残しているので、子どもたちは当然、母親が帰ってきた時のシミュレーションを思い描いていたと思うんですよね。でも、いざとなると思っていた通りにできないわけで……。そういった心の二面性だったりを表現したかったんです。

ひとよ 白石和彌 佐藤健 鈴木亮平 松岡茉優 田中裕子 桑原裕子 KAKUTA (C) 2019「ひとよ」製作委員会

 今作に限らず、できるだけ陰影を意識した作品作りはいつも心がけています。光というよりは影をどう落とし込むか。全部が見えるより、見えないところをできるだけ作ってほしいというオーダーはよくします。

――見えない“影”の部分にこだわる理由は?

白石監督: 見ているようで見えていないことって人間多いじゃないですか。本当は見えているけれど、意識的に見ないようにしていることとか。映画の中では割と細かい部分ですし、あまり感じ取る人は多くないと思いますが、そういうところにこだわって作品を作っていたら、誰かは僕の意図に気づいてくれるんじゃないかなと期待しているんですよね。

ひとよ 白石和彌 佐藤健 鈴木亮平 松岡茉優 田中裕子 桑原裕子 KAKUTA (C) 2019「ひとよ」製作委員会

――光と影のバランスもそうですが、現在から15年前への場面展開がスムーズで、それだけ15年前の出来事が子どもたちの生活に根付いている感じがして大変リアルでした。

白石監督: 15年前のあの夜が現在とつながっているのを何かで表現したいなと思っていました。ただ、僕自身、回想シーンがそんなに好きではなくて、普段はなるべく脚本からなくそうと努めているんです。今回は15年前の話があってやらざるを得ないところがあったので、そのような場面展開にしています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  2. /nl/articles/2406/17/news109.jpg 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
  3. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  4. /nl/articles/2406/17/news110.jpg 野菜売り場にて、子どもが「ママみて!おこってゆ!」→視線の先を見ると…… 思わず「ホントだ!」と声が出る“衝撃の光景”が話題
  5. /nl/articles/2406/19/news207.jpg 「生成AI」使用巡り著名歌手がアニメイベント出演辞退「クリエイティブに対する姿勢の相違」 主催者「自覚が足りなかった」と謝罪
  6. /nl/articles/2312/25/news180.jpg 摂食障害公表の遠野なぎこ、エイヒレ1皿食べきれず「お店の方ごめんなさい」 苦しみつづり“体重また減ってた”SNS投稿も
  7. /nl/articles/2406/19/news016.jpg 30万円で買ったゴミ屋敷を“35万円”で激安DIYリフォーム! 1人でやりきった劇的な仕上がりに「本当に尊敬」「こんなにも綺麗に!」
  8. /nl/articles/2406/20/news016.jpg 山にカメラを仕掛けてみたら、驚きの光景が…… 水たまりで涼をとる意外な生き物の姿に「リラックスしすぎw」「可愛すぎんか」
  9. /nl/articles/2406/20/news050.jpg 水中でバラを放置→200日後の“衝撃の変化”に仰天 「本当に予想外」「魔法のような変身」【海外】
  10. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」