「同期のサクラ」次第に差がつく同期たちの描写がリアル 「一生引きこもる」運命の分かれ道にいた蓮太郎(岡山天音)を救ったサクラ【4話】(1/2 ページ)

一方、サクラの夢の橋の運命が!

» 2019年11月06日 11時31分 公開

 10月30日に「同期のサクラ」(日本テレビ系)の第4話が放送された。1話と比べるとサクラのコミュニケーション能力は驚くほど向上。それどころか今回、彼女の感情は周囲にだだ漏れしていた。


同期のサクラ サクラたちが入社して4年目 イラスト/まつもとりえこ

カッターナイフで手に傷を負ったサクラ

 2019年夏、北野サクラ(高畑充希)の病室に訪れた土井蓮太郎(岡山天音)は、サクラの手に残る傷痕を見ながら社会人4年目の出来事を思い出していた。

 2012年9月、メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任されたサクラは、ストレスチェックのアンケートを回収するため各部を回る。すると、設計部の蓮太郎は悩みは無いと言いながらもどこか苛ついている様子。社内コンペの準備で忙しいと話す蓮太郎だが、設計部の先輩と後輩から一級建築士の試験に落ちたことをおちょくられているのを見たサクラは、周囲に心を閉ざす蓮太郎が気にかかる。

 社内コンペに向け、必死で設計図を作っていた蓮太郎。しかし、設計部部長はコンペ開始時間が遅れたことをわざと蓮太郎にだけ伝えておらず、彼が到着したときの会場はもぬけの殻……。悔しさで頭に血が上った蓮太郎はカッターナイフを手に取った。慌てて止めに入るサクラを払い除けた勢いで、サクラの手に傷を負わせてしまった蓮太郎。そして、彼は会社から逃げ出した。

 その日、サクラはラーメン店である蓮太郎の家を訪ねるも、部屋に閉じこもった蓮太郎は「もう会社には行かない」と言い出す。コンペの一件をきっかけに部屋に閉じこもり、無断欠勤するようになった蓮太郎。サクラは同期のメンバーを集め、改めて蓮太郎の家に向かった。しかし、誰の言葉も蓮太郎には響かず、心が折れたサクラは「あ〜、そうですか。了解で〜す」と諦めて帰宅してしまう。

 しかし、祖父の柊作(津嘉山正種)からFAXで「辛い時こそ自分の長所を見失うな」とメッセージを受け取ったサクラは、翌日に設計部へ直談判。蓮太郎がコンペに出すはずだった設計図を見せ、彼が手掛ける設計には無限の可能性があると訴えた。サクラの姿を見た蓮太郎は部長の前に現れ「全部周りのせいにして孤独な世界に閉じこもっていたけど、2度と逃げません。今日からまた皆さんと働かせてください」と頭を下げた。

 翌日、黒川森雄(椎名桔平)はサクラの故郷にかかる予定だった橋の着工が無期延期、つまり中止になったことを明かした。


同期のサクラ 4話は蓮太郎(岡山天音)回 イラスト/まつもとりえこ

運命の分かれ道にいた蓮太郎

 今回で4話を迎えた「同期のサクラ」。ということは、サクラたちが入社して4年目を迎えたということになる。後輩にテキパキ指示を出し、広報部の中心的存在として活躍する月村百合(橋本愛)。営業部の清水菊夫(竜星涼)の席は、前回より明らかに良い位置へ移動していた。そんな中、設計部で浮いた存在になっていた蓮太郎。同期の中で見るからに差が出始めているのは生々しい。

 パワハラする上司、セクハラする上司、部下をねちっこくいじめる上司。花井建設という会社は問題が山積みのブラック体質に見える。

 コンペの時間変更を教えないといういじめをしてくる上司にカッターで襲いかかろうとした蓮太郎。その後、彼は無断欠勤の日々に突入した。サクラは同期を引き連れ、蓮太郎の説得にあたる。

 「もう会社に来ないとおっしゃったんですか? お願いだから考え直してもらえませんか?」(サクラ)

 意見の分かれるところだ。「逃げたいときは逃げてもいい」という考え方は、社会人の救いに成り得る。実は、筆者も基本的にそちらの考え方だ。事情をよく知らない者が尻を叩くと、本人をさらに追い込む可能性がある。ただ、あのときの蓮太郎は運命の分かれ道にいるように見えた。

 「もう2度と失敗したくないから、一生この部屋にいるよ」(蓮太郎)

 サクラたちが動かないと、彼はもう戻ってこれなかった気がするのだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」