ニュース
» 2019年11月08日 10時15分 公開

半沢が主人公じゃない……だと? 「半沢直樹」スペシャルドラマが2020年1月放送、主演の吉沢亮「完全に倍返しですよ」

続編に大きく関わってくるとのこと。

[のとほのか,ねとらぼ]

 TBS系ドラマ「半沢直樹」続編の放送に先駆け、スペシャルドラマ「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ」が2020年1月3日に放送されることが決定。俳優の吉沢亮さんを主演に、続編に大きく関わる世界が描かれます。

半沢直樹 吉沢亮 エピソードゼロ TBSテレビ 日曜劇場 ロスジェネの逆襲 大河ドラマ「青天を衝け」(2021年放送予定)の主役も決定している吉沢さんがTBSドラマ初主演

 池井戸潤さんの小説『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』を原作とした前作は、2013年に放送され、最終回の視聴率が平成ドラマトップの42.2%(関東地区)を記録した人気作品。2020年4月から放送される続編では、『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』を原作に、半沢(堺雅人さん)が出向先の「東京セントラル証券」に赴任した後の物語が展開されます。

半沢直樹 吉沢亮 エピソードゼロ TBSテレビ 日曜劇場 ロスジェネの逆襲 前作の最終回では半沢が出向を言い渡される衝撃のラストで幕を閉じていた

 スペシャルドラマは、東京セントラル証券と大きく関わる新興のIT企業「スパイラル」が舞台。吉沢さんが演じるのは、スパイラルの敏腕プログラマー・高坂圭で、今回のキャスティングに「半沢直樹のスペシャルドラマなのに半沢が主人公じゃないのかよ(笑)と思っているそこのあなた。完全に倍返しですよ。是非ご期待ください」と自信をのぞかせています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.