ニュース
» 2019年11月11日 20時20分 公開

日比谷線開業以来56年ぶりの新駅 東京メトロ「虎ノ門ヒルズ駅」2020年6月に開業決定、オリンピック前に先行オープン

最終的な完成まではもうしばらくかかるそうです。

[haruYasy.,ねとらぼ]

東京メトロは2019年11月11日、日比谷線で開発中の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」の開業日が2020年6月6日に決定したと発表しました。駅ナンバリングは「H06」となります。

虎ノ門ヒルズ駅 イメージ 東京メトロ 新駅 2020年6月6日に開業が決まった「虎ノ門ヒルズ駅」ホームのイメージ画像
虎ノ門ヒルズ駅 イメージ 東京メトロ 新駅

 1964年に全線開業した日比谷線で56年ぶりに作られる新駅「虎ノ門ヒルズ駅」は、現在の神谷町と霞ヶ関の間に位置しており、周辺のビル施設も含めた地上・地下の移動をスムーズに行えるよう、東京メトロとUR都市機構による再開発事業の一環として作られています。

 きっぷ売り場は計3カ所に設置され、改札口は全19台。ホームは相対式2面ホームとなり、それぞれに地上行きの出入口が1カ所ずつ、エレベーターを1基ずつ設置するほか、中目黒方面行きホームの端には地下歩行者通路につながる出入口も作られます。

虎ノ門ヒルズ駅 イメージ 東京メトロ 新駅
虎ノ門ヒルズ駅 イメージ 東京メトロ 新駅

 地下歩行者通路は周辺で再開発中のビルやバスターミナルのほか、銀座線「虎ノ門駅」へとつながり、周辺施設や乗り換えを利用するユーザーの利便性に配慮した作りとなるそうです。

 東京メトロは今回の開業日決定について、2020年夏に開催される「国際的なスポーツ大会」を視野に入れた先行オープンのような位置づけで考えており、今後も最終的な完成を目指して工事が進めていくとしています。

虎ノ門ヒルズ駅 イメージ 東京メトロ 新駅 最終的に駅と周辺施設がシームレスに接続するよう開発する
虎ノ門ヒルズ駅 イメージ 東京メトロ 新駅 新駅「虎ノ門ヒルズ駅」の開業にあわせて、駅ナンバリングの変更。霞ヶ関駅以降の各駅で1つずつ番号がズレていきます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.