連載
» 2019年11月09日 13時00分 公開

なんで上級者のピカチュウはギャラドスに10万ボルトを撃たないの? ポケモンガチ勢が語る「ポケモンバトル」の面白さと奥深さ芸人ヤマクエの「俺のゲーム愛を笑うな」(2/4 ページ)

[ヤマグチクエスト,ねとらぼ]

ヤマグチクエスト


ギャラドスの勝ちだけど、そんなんできるの?


ヤマグチクエスト


ポケモンの能力値って、実はトレーナーが少しだけいじることができるんです。


ヤマグチクエスト


……改造?


ヤマグチクエスト


違います。ゲーム内では「基礎ポイント」と呼ばれているもので、ネットなどでは「努力値」なんて言い方もしますが、それをポケモンごとに割り振ることで能力を少しカスタマイズできるんです。

 さきほどのケースで言うと、ピカチュウよりも先に動いて地面技を撃てるように素早さに割り振ってみたり、ピカチュウの10万ボルトを1回耐えられる調整にしておいたりするわけですね。そうやって上級者は、読み合いに負けないようにするだけでなく、負けた時の保険も張っておくことで勝率を上げているんです。


ヤマグチクエスト


うわあ……もう情報戦だな。


ヤマグチクエスト


そうなんです、先ほどお話しした炎タイプばっかりのパーティでは水タイプのポケモンからのダメージ計算やすばやさの調整がその対策の1つになるわけです。ダメージの計算ツールはネットで調べれば有志の方がお作りになられたものがありますんで、慣れてきたらそれを是非活用してみてください。


ヤマグチクエスト


でも、何をどう対策すればいいのか分からないしなあ。


ヤマグチクエスト


それはもう戦っていくうちに微調整していくようになると思うのですが、初めは流行っているポケモン、いわゆるトップメタの対策から始めるとスムーズです。例えばウルトラサン・ウルトラムーンの環境でチートみたいな活躍をしていた「カプ・テテフ」というポケモンがいまして……。


ヤマグチクエスト


ああ、なんかサン・ムーンで出てきたヤツだ。聞いたことあるけど、チートなの?


ヤマクエ カプ・テテフ(画像は「ポケモンだいすきクラブ」より引用)


ヤマグチクエスト


ポケモンにはタイプの他にそれぞれ特性というものがあります。このカプ・テテフはエスパー/フェアリータイプで、特性が「サイコメイカー」というものでして、これは5ターンの間エスパータイプの技の威力を1.5倍にしてくれる効果があります。


ヤマグチクエスト


それってそんなに強いの?


ヤマグチクエスト


これだけならまだ許せるんですが、もう1つこのサイコメイカーの効果として、「でんこうせっか」などの相手よりも先に動いて攻撃できる技「先制技」が撃てなくなるという効果があるんです。


ヤマグチクエスト


……ほう?


ヤマグチクエスト


つまり、カプ・テテフに素早さの上がる調整や「こだわりスカーフ」という素早さを底上げするアイテムを持たせていれば、ほとんどのポケモンに先制攻撃でき、かつ1.5倍の威力で自身のタイプのエスパー技を撃てる環境にすることができるんです。


ヤマグチクエスト


うわあ、せこ! ズル! みんな使うじゃんそんなん!


ヤマグチクエスト


そう、みんな使いますよね? だからこそ、その対策をしておけばいいんです。


ヤマグチクエスト


……あ、そういうことか! これ対策されすぎて身動き取れなくなって逆にみんな使いづらくなるみたいなパターンか。


ヤマグチクエスト


そう、もう試合前から始まっているんです。ポケモンの読み合いは。


ヤマグチクエスト


奥深え! なんかそういうのもっと教えて!


ヤマクエ ヤマクエ先生によるカプ・テテフ解説(画像は「ポケモンだいすきクラブ」より引用)


「へんげんじざい」が強すぎて“ゲッコウガを使ってゲッコウガ対策をする”


ヤマグチクエスト


では、「ゲッコウガ」というポケモンがいます。このポケモンには「へんげんじざい」という特性がありまして……。


ヤマクエ 「スマブラ」でもおなじみのゲッコウガ(画像は「ポケモンだいすきクラブ」より引用)


ヤマグチクエスト


もう強そう。


ヤマグチクエスト


この特性は自分のタイプを撃った技のタイプにできるというものです。例えば、ゲッコウガは本来は水/悪タイプなのですが、炎技を使うとそれと同時に炎タイプになります。ポケモンの技は1匹につき4つまで覚えさせられるので、4つのタイプに変身することができる上に、ポケモンでは技と自身のタイプが一致している場合、技の威力が1.5倍になるので、実質どんな技でも1.5倍の威力で使えると。


ヤマグチクエスト


え、そんなことしていいの?


ヤマグチクエスト


なんか気が引けるくらいズルいですよね(笑)。さらにこのゲッコウガは元の素早さが高い上に、覚える技の種類も豊富なので、対策が非常に難しいんです。


ヤマグチクエスト


もうどうすれば!


ヤマグチクエスト


ただ、どんなポケモンにも必ず弱点はあります。例えばゲッコウガは素早さも高く、火力もそこそこありますが、耐久値が低いんです。ですから、他のタイプに変身する前に、水/悪タイプに有効な技を撃つことが対策の1つになります。


ヤマグチクエスト


でも素早さが高いって言ってたよね。


ヤマグチクエスト


そこで少しだけ流行ったのが、自分のゲッコウガにさきほど説明した「こだわりスカーフ」を持たせて相手のゲッコウガより早く動いて倒すという対策なんです。要するに「ゲッコウガを使ってゲッコウガ対策をする」という形ですね。


ヤマグチクエスト


うへえ、面白い! なんか滑稽!


ヤマグチクエスト


ただこの「こだわりスカーフ」は素早さを上げる代わりに、1つの技しか使えなくなるというデメリットがあるので、本来の「へんげんじざい」の強みを多少失っているんですよね。なので、すぐにこの型のゲッコウガは見なくなりました。


ヤマクエ ヤマクエ先生によるゲッコウガ解説(画像は「ポケモンだいすきクラブ」より引用)


ヤマグチクエスト


なるほど、アイテムも読み合いの1つに入ってるのか。


ヤマグチクエスト


そうですね、最初6体の見せ合いの時はお互いに何をポケモンに持たせているのか分かりませんから。これまでの環境でいうと……例えば「リザードン」なんかはアイテムを読み間違えると痛い目にあってましたね。


ヤマグチクエスト


リザードンが……?


ヤマクエ リザードン(画像は「ポケモンだいすきクラブ」より引用)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/23/news010.jpg 会社のオンライン朝礼に子猫も参加した結果 永久にちょっかいを出し続ける自由ほんぽうっぷりがかわいい
  3. /nl/articles/2201/24/news018.jpg ハムスターが自分のアクリルスタンドを見てとったポーズが…… 飼い主が爆笑した奇跡の2ショットに「変な声でたw」と笑いが集まる
  4. /nl/articles/2201/24/news074.jpg 「イケメンの日ってことに」 井手上漠、珍しい“男子風”ノーメイクに「菅田将暉くんに似てる」の声
  5. /nl/articles/2201/23/news011.jpg 「好きだから」とクラスメイトに監禁されて ストーカー女子を描いたホラー漫画が真相を知るともっとホラー
  6. /nl/articles/2201/24/news026.jpg 重要な商談で盛大なやらかし! 同僚へのドッキリ用「ビリビリ電気ペン」が悲劇を生んだエピソードに「申し訳ないけどめちゃくちゃ笑った」
  7. /nl/articles/2201/19/news160.jpg 疲れたOLがゲーセンでやさぐれヤンキーに懐かれる漫画が平和で癒やし 気付けば家で一緒にゲームをする仲に
  8. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  9. /nl/articles/2201/23/news016.jpg 兄猫「ぺちっ」子猫「や、やられたぁ〜!」 優しい猫パンチでコテっと倒れる弟猫がアニメのようでいとおしい
  10. /nl/articles/2201/22/news055.jpg 平愛梨、夫・長友佑都の勘違いにかわいい“対策”発動 「懐が大きいなぁ〜」「長友さんは幸せもん」とファン絶賛

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」