連載
» 2019年11月09日 13時00分 公開

なんで上級者のピカチュウはギャラドスに10万ボルトを撃たないの? ポケモンガチ勢が語る「ポケモンバトル」の面白さと奥深さ芸人ヤマクエの「俺のゲーム愛を笑うな」(4/4 ページ)

[ヤマグチクエスト,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       

ヤマグチクエスト


もう大会の一発勝負だと、勝率のアベレージ上げるより相手に型を読ませないことが重要なんだなって見ていて思いましたね。例えば先ほどの「カプ・テテフ」で言うと、素早さを上げる「こだわりスカーフ」を持たせることが多いんですけど、優勝者は「きあいのタスキ」という一撃で戦闘不能にならなくなるアイテムを持たせていました。


ヤマグチクエスト


それはすごいことなの?


ヤマグチクエスト


普段レーティングバトルをしているとやはり流行があって、ポケモンごとに“このアイテムだろうな”と察しがつくんです。普通のトレーナーはその流行を想定して行動するんですが、トップクラスのトレーナーはその思考をいわば「メタる」ことで裏をかいてるんですよね。流行の先を見ているというようなイメージです。


ヤマグチクエスト


ほへー、なるほどなあ。テンプレとして流行ってるものは大会向きじゃないんだ。


ヤマグチクエスト


そうなんです、上級者のバトルは本当に勉強になります。


ヤマグチクエスト


うーん、なんか対戦の面白さというか読み合いのことはなんとなく分かってきたけど、そもそも対戦するためのパーティって簡単に組めるもんなの?


ヤマグチクエスト


簡単ですよ。たろちんさん、一番好きなポケモンはなんですか?


ヤマグチクエスト


一番好きって言ったら……まあ「サワムラー」かな。



ヤマクエ サワムラー(画像は「ポケモンだいすきクラブ」より引用)

ヤマグチクエスト


おお! いいですね! めちゃめちゃいい!


ヤマグチクエスト


マジで!? 流行ってる?


ヤマグチクエスト


流行ってないし、今後流行ることも絶対ないです。


ヤマグチクエスト


なんだよ。


ヤマグチクエスト


では、全然流行ってないけどサワムラーを使うとしましょうか。「サワムラー」の特徴は物理の格闘タイプですから、現在の環境に多い鋼タイプや悪タイプに対して強気に出られるポケモンですね。


ヤマクエ ヤマクエ先生が考える「サワムラーを軸にしたパーティ」の課題(ポケモン画像は「ポケモンだいすきクラブ」より引用)


ヤマグチクエスト


そこで「サワムラーが勝てない相手」を考えます。格闘タイプだから、エスパータイプや飛行タイプ、フェアリータイプなんかも苦手なので、その辺のタイプに強いポケモンを1体入れましょう。


ヤマグチクエスト


なるほど、逆算するわけだ。


ヤマグチクエスト


その後はさらにその2体の弱点を考えます。素早さが低いなあと感じたら素早さの高いポケモンを入れてみたり、物理型ばかりだなあと思ったら特殊型を入れてみたりしてると簡単に6体埋まるはずです。つまり、1体軸になるポケモンさえ決めてしまえばいいんです。


ヤマグチクエスト


サトシにとってのピカチュウみたいな?


ヤマグチクエスト


その通り。自分にとってのピカチュウ的存在を決めてから、後のポケモンで相性や弱点を補完し合えば、あまり悩まず6体それなりにバランスよく組めると思います。流行のポケモンは対策されやすいので、結局このやりかたが一番だと思いますよ。



ヤマクエ ヤマクエ先生流の「サワムラーを活用したパーティ」(ポケモンの画像は「ポケモンだいすきクラブ」より引用)

ヤマグチクエスト


全部好きなポケモンにしちゃダメなの?


ヤマグチクエスト


もちろん! カブってなければ全然大丈夫ですよ!


ヤマグチクエスト


サワムラー、エビワラー……。


ヤマグチクエスト


絶対勝てないですよ。

今こそ「レーティングバトル」にチャレンジするとき


ヤマグチクエスト


しかし、6体でバランス整えても結局選べるのは3体ってのは面白いね。最初はちょっと難しいかもしれないけど。


ヤマグチクエスト

そうなんです! だからどんなに考えても仕方ないんで、とにかくパーティを組んで対戦してみると、だんだん自分の癖や弱点が分かってきます。「こいつばっか選んでるな」とか、「あのポケモン出てきたら全然勝てないな」とか、「こっちのパーティに対して相手このポケモンばっか使ってくるな」などなど。それを踏まえて少しずつパーティをいじっていくのも面白いですよ。


ヤマグチクエスト


なるほど。「入れてみたけどやっぱサワムラーいらねえな!」ってなる可能性もあるのね?


ヤマグチクエスト


まあなるでしょうね。


ヤマグチクエスト


ひどい。


ヤマグチクエスト


ただ「ソード・シールド」で、カモネギの進化系が発表されましたからね。初代から進化がないサワムラーが進化して、新たな役割が生まれる可能性もなくはないです。


ヤマグチクエスト


うおお! 胸熱!


ヤマグチクエスト


あと「ソード・シールド」では、新ポケモンだけじゃなく、アイテムや特性にも新しいものが出てきて環境がガラッと変わります。なので初心者も玄人も、ほぼ横一線からのスタートなんで、始めるなら良いタイミングですね。


ヤマグチクエスト


でも難しそうだなあ、覚えること多そうだし……。タイプ18個あるのも知らんかったし。


ヤマグチクエスト


確かに覚えることもたくさんあるし、最初は難しいんですよね。でも、例えば僕はゲーム以外に野球も好きなんですけど、野球ってすごくルール難解で覚えることめちゃくちゃ多いじゃないですか。でも、野球を始めたのは全部ルールを覚えたあとじゃなくて、単純にプロ野球選手を見てかっこ良いなって思って始めたんです。やってるうちに理解していくものなんです。

 ポケモンもそれと似ていて、タイプ相性だとか努力値だとかってやってるうちに少しづつ覚えていくものなんです。みんなここの順番をはき違えてるんです。“難しいからやらない”というのはすごくもったいないですよ。「なんか対戦って面白そう」とか「あのポケモンかわいいなあ」とか、きっかけは簡単でいいんです。「ソード・シールド」が出たら育成のポイントなんかも解説したいですね。


ヤマグチクエスト


なんかすごくいいこと言ってる感じする。


ヤマグチクエスト


そうしてどんどんポケモン対戦に活気が出てきたらもっと盛り上がると思うんです。それこそ「ポケモンGO」や「ポケモンマスターズ」で興味持ってくれた方が始めてくれたらうれしいですね。


ヤマグチクエスト


ちょっと興味湧いたなあ。初めは、この講座の内容を覚えておけば良さそうだね。


ヤマグチクエスト


あ、一応補足しますが「ソード・シールド」では新要素が追加される上に、いくつかの過去作のポケモンが登場しないらしいので、下手したら「カプ・テテフ」とか使えなくなるかもしれません。


ヤマグチクエスト


えぇ……最初に言ってよ……。


ヤマグチクエスト


でもパーティを作る考え方とかはあらゆる環境で流用できますし、新要素が追加されるということは、新規の方でも入り込む余地があるということです。それに、読み合いのポイントや各ポケモンの強みを知ることは非常に重要なことですから、この講座の内容は知っておいて損はないですよ。


ヤマグチクエスト


確かにそうか……。待てよ、もし強いポケモンたちがいなくなったら、「ソード・シールド」でサワムラーが活躍できる可能性もあるのでは……?


ヤマグチクエスト


それだけは絶対ないです。


ヤマグチクエスト


……サワムラーに厳しくない?

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」