ニュース
» 2019年11月22日 16時00分 公開

RAV4史上最強パワー、だとぉぉ!! トヨタがRAV4のPHV版「RAV4 Prime」LAオートショーで発表 (1/2)

エコ性能だけじゃなくて、何と「最大302馬力」だそうです。2020年夏発売予定、これは楽しみだぁぁ。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は11月20日(現地時間)、米国で開催されたロサンゼルスオートショー2019で、クロスオーバーSUV「RAV4」のプラグインハイブリッド版「RAV4 Prime」を発表しました。

トヨタ「RAV4 Prime」(写真:トヨタ自動車、以下同) RAV4のプラグインハイブリッドモデル「RAV4 Prime」(写真:トヨタ自動車、以下同)

 ベース車は2019年4月にフルモデルチェンジした「RAV4」。タフなデザインと本気モードの走行性能(関連記事)を備え、中型SUVとして特に売れています

 RAV4 Primeは、このRAV4にモーター走行性能を高めたハイブリッドシステムと外部充電機能を加えた「プラグインハイブリッド車(PHV)」に拡張した、待望の発展版です。トヨタはPHVとして「プリウスPHV」(関連記事)も投入しています。

 パワートレインは、RAV4のハイブリッドモデルと同じ2.5リッター直噴ガソリンエンジン(175馬力)に、新たに開発した大容量リチウムイオンバッテリーと強力なモーターの組み合わせ。システム全体で、クラストップレベルの「302馬力」を達成。静止状態から時速60マイル(約96キロ)加速も5.8秒と、RAV4のハイブリッドモデルより2秒も短縮する走行性能を実現します。同社によると「RAV4史上、最強で最速」。駆動方式も走行状態に応じて後輪へのトルク配分を適正化するかしこい電気式4WDシステム「E-Four」で、走破性の高さと操縦安定性の良さも両立します。

燃費だけでなくパワフルなのも特徴です 燃費だけでなく、モーターパワーを「ガツンとパワフルな方向」にも振ったのがポイント
RAV4 Primeのリアビュー RAV4 Primeのリアビュー
大型9インチディスプレイオーディオやパドルシフトも装備 大型9インチディスプレイオーディオやパドルシフトも装備

 大容量バッテリーにより、モーター走行する「EVモード」で最大62キロ走行可能。また、バッテリーに蓄えた電力を最大1500Wの出力で家電などに供給できる外部給電機能も搭載します。

 日本発売は2020年夏を予定、欧州では2020年後半の発売を予定しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.