ニュース
» 2019年04月10日 13時30分 公開

トヨタ、新型「RAV4」を発表 ズ太くタフで「ワクワクする」四駆、3年ぶりに日本へ復活(1/2 ページ)

うほほワイルド顔ぉぉ! トヨタが示した「近年の凡庸なSUV」への答え。

[ねとらぼ]

 トヨタ自動車は4月10日、SUV(スポーツタイプ多目的車)の新型車「RAV4」を発売しました。価格は2WDのベーシックモデルで260万8200円(税込、以下同)から、4WDの注力モデルAdventureグレードは313万7400円からです。

トヨタ RAV4 SUV 新型「RAV4」(Adventure・アーバンカーキ×アッシュグレーメタリック)
トヨタ RAV4 SUV 新型「RAV4」(Adventure・シアンメタリック×アッシュグレーメタリック)

 目指したのは「“ワクドキ”するSUVの復活。飾りではないホンモノの走行性能」。

 RAV4は1994年(平成6年)に登場。初代モデルは4WDがオフロードに特化したクルマと位置付けられていた時代に、走破性と市街地での扱いやすさを両立する、現代の人気カテゴリーの1つであるクロスオーバーSUVの市場を開拓した車種です。当時、木村拓哉さんが出演するCMで「洗練された都市型SUV」のイメージを強烈に残しました。しかし後年は市場ニーズや車格の変化によって海外での展開に軸足を移し、日本市場では3代目の2016年に販売を一時終了。4代目は4WDの需要が高い北米市場を中心に展開していました。

トヨタ RAV4 SUV 5代目RAV4は、先端4WDシステムで本来の「本格オフロード性能」を追求
トヨタ RAV4 SUV 歴代RAV4。サイズと市場ニーズの違いから、4代目は日本市場では販売されなかった

 今回の5代目で、満を持して日本市場に「復活」します。先代モデルの良さを受け継ぎながらも、Reborn(生まれ変わる)をテーマに「SUVらしい力強さと走行性能」をガッツリと重視したスタイルで全面刷新しました(関連記事)

 「1994年以降多くの競合車が参入した結果、最近のSUVはワクドキ感が薄まっている。このままではSUV絶滅の危機だと感じた。新型RAV4は、SUVらしい本物感を前面に出し、新しいことに挑戦するアクティブな気持ち=ワクドキ感や好奇心を再び奮い立たせるクルマを目指した」(トヨタ自動車 RAV4開発担当チーフエンジニアの佐伯禎一氏)

トヨタ RAV4 SUV 5代目RAV4開発の理由と意図
トヨタ RAV4 SUV 5代目RAV4の頭文字に込めた意図 初代と車名は同じながら「SUVで感じるワクドキの復活」を意識した
トヨタ RAV4 SUV 「楽しい」「ワクドキ感」をあらためて訴求する

 車体の基本設計は、プリウスやC-HRなども採用するトヨタの新世代車プラットフォーム「TNGA(Toyota New Global Architecture)」を採用。TNGAの強みである高剛性化と低重心化による、操縦安定性と乗り心地を高めました。

 そして、特徴的なフロントマスク、ボディーの拡大やタイヤの大径化などよって、新世代の「力強さ」や「タフ」を強調した迫力のあるデザインを実現しています。現行車種では、小型SUVのC-HRと高級志向SUVであるハリアーの中間ニーズを埋める車格ですが、それぞれに対して「より楽しい」「どんな道でもより安心」「もっとアクティブに」といった「タフ」なイメージや本格派オフロード走行性能の高さを訴求する考えです。

 デザインは2種類。ベーシックな「X/ハイブリッドX」「G/ハイブリッドG」に加えて、オフロードイメージをより強く押し出す専用デザインが施された「Advnture」グレードの2パターンです。

 パワートレーンも2リッターの4気筒直噴エンジン(Dynamic Force Engine/M20A-FKS)を搭載するガソリン車と、2.5リッター4気筒直噴エンジン(Dynamic Force Engine/M25A-FXS)とハイブリッドシステム「THS(TOYOTA Hybrid System) II(リダクション機能付き)」によるハイブリッド車の2パターンを用意します。

トヨタ RAV4 SUV フロントデザインは2種類。テーマ車となる「Adventure」グレードはグリルをグワッと拡大し、ワイルド感を高めた顔つきにした

 最後に駆動方式。低廉な2WD(FF)モデル(Xグレード)に加えて、主力の4WDモデルには、ガソリン車にダイナミックトルクコントロール型の4WDと、前後トルク配分に加えて後輪左右のトルクを独立制御する新型の「ダイナミックトルクベクタリング4WD」の2種類から。ハイブリッド車にはFFと、モーターで後輪の駆動を高度に制御する電気式4WD「E-Four」を用意します。

トヨタ RAV4 SUV 世界初採用(2019年4月現在トヨタ調べ)とする「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用

 車体サイズは4610(全長)×1865(幅)×1695(高さ)ミリ、ホイールベースは2690ミリ。最低地上高は200ミリ、アプローチアングル18度(フロントバンパーとタイヤ接地点をつないだ線と地面の角度)、ランプブレークオーバーアングル17.5度(前後タイヤとホイールベース中心の車体底部をつないだ線と地面の角度)、デパーチャーアングル20.5度(リアバンパーとタイヤ接地点をつないだ線と地面の角度)。車両重量は約1630キロ(以上、Adventureグレードの19インチタイヤ装着車)。

 最大出力はガソリン車が171馬力、ハイブリッド車が178馬力(131kW)、最大トルクはガソリン車が21.1kgf-m(207Nm)、ハイブリッド車が22.5kgf-m(221Nm)。燃費性能は、ガソリン4WDモデルがリッター15.2キロ、同2WDモデルがリッター15.8キロ、ハイブリッド車がリッター20.6キロ(4WDモデル)です。

トヨタ RAV4 SUV 新型「RAV4」モデリスタパーツ装着車
トヨタ RAV4 SUV 新型「RAV4」TRDパーツ装着車


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/28/news108.jpg MAX74.8キロの霜降りせいや、半年の過酷トレーニングで約9キロ減 別人ばりの痩せ姿に「惚れました」
  2. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  3. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  4. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  5. /nl/articles/2109/28/news069.jpg 「母さんごめん。26歳になってもまだ使ってる」 家庭科で作った“ドラゴンナップザック”を社会人になっても使い続ける猛者が強い
  6. /nl/articles/2109/28/news028.jpg 美術館への侵入を試みる黒猫と、警備員の攻防戦 4年続く仲良しなやりとりに「どちらもうれしそう」「ほっこり」の声
  7. /nl/articles/2109/27/news068.jpg 母から借りたキャリーバッグの中から見つかった不気味なものとは…… 謎が謎を呼ぶ思い出を描いた漫画がゾッとする
  8. /nl/articles/2109/29/news001.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「笏」
  9. /nl/articles/2109/27/news043.jpg シンクでじっとお水を待つ猫、しかし…… 出てこない水に悲し気な姿に「悲壮感ハンパない」「けなげでかわいい」の声
  10. /nl/articles/2109/27/news061.jpg 子どもが怖い人とぶつかってしまった、と思ったら? 頑張るママを癒やしてくれる顔面ヤクザなお兄さんの漫画が優しい世界

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」