ニュース
» 2019年04月10日 13時30分 公開

トヨタ、新型「RAV4」を発表 ズ太くタフで「ワクワクする」四駆、3年ぶりに日本へ復活 (1/2)

うほほワイルド顔ぉぉ! トヨタが示した「近年の凡庸なSUV」への答え。

[ねとらぼ]

 トヨタ自動車は4月10日、SUV(スポーツタイプ多目的車)の新型車「RAV4」を発売しました。価格は2WDのベーシックモデルで260万8200円(税込、以下同)から、4WDの注力モデルAdventureグレードは313万7400円からです。

トヨタ RAV4 SUV 新型「RAV4」(Adventure・アーバンカーキ×アッシュグレーメタリック)
トヨタ RAV4 SUV 新型「RAV4」(Adventure・シアンメタリック×アッシュグレーメタリック)

 目指したのは「“ワクドキ”するSUVの復活。飾りではないホンモノの走行性能」。

 RAV4は1994年(平成6年)に登場。初代モデルは4WDがオフロードに特化したクルマと位置付けられていた時代に、走破性と市街地での扱いやすさを両立する、現代の人気カテゴリーの1つであるクロスオーバーSUVの市場を開拓した車種です。当時、木村拓哉さんが出演するCMで「洗練された都市型SUV」のイメージを強烈に残しました。しかし後年は市場ニーズや車格の変化によって海外での展開に軸足を移し、日本市場では3代目の2016年に販売を一時終了。4代目は4WDの需要が高い北米市場を中心に展開していました。

トヨタ RAV4 SUV 5代目RAV4は、先端4WDシステムで本来の「本格オフロード性能」を追求
トヨタ RAV4 SUV 歴代RAV4。サイズと市場ニーズの違いから、4代目は日本市場では販売されなかった

 今回の5代目で、満を持して日本市場に「復活」します。先代モデルの良さを受け継ぎながらも、Reborn(生まれ変わる)をテーマに「SUVらしい力強さと走行性能」をガッツリと重視したスタイルで全面刷新しました(関連記事)

 「1994年以降多くの競合車が参入した結果、最近のSUVはワクドキ感が薄まっている。このままではSUV絶滅の危機だと感じた。新型RAV4は、SUVらしい本物感を前面に出し、新しいことに挑戦するアクティブな気持ち=ワクドキ感や好奇心を再び奮い立たせるクルマを目指した」(トヨタ自動車 RAV4開発担当チーフエンジニアの佐伯禎一氏)

トヨタ RAV4 SUV 5代目RAV4開発の理由と意図
トヨタ RAV4 SUV 5代目RAV4の頭文字に込めた意図 初代と車名は同じながら「SUVで感じるワクドキの復活」を意識した
トヨタ RAV4 SUV 「楽しい」「ワクドキ感」をあらためて訴求する

 車体の基本設計は、プリウスやC-HRなども採用するトヨタの新世代車プラットフォーム「TNGA(Toyota New Global Architecture)」を採用。TNGAの強みである高剛性化と低重心化による、操縦安定性と乗り心地を高めました。

 そして、特徴的なフロントマスク、ボディーの拡大やタイヤの大径化などよって、新世代の「力強さ」や「タフ」を強調した迫力のあるデザインを実現しています。現行車種では、小型SUVのC-HRと高級志向SUVであるハリアーの中間ニーズを埋める車格ですが、それぞれに対して「より楽しい」「どんな道でもより安心」「もっとアクティブに」といった「タフ」なイメージや本格派オフロード走行性能の高さを訴求する考えです。

 デザインは2種類。ベーシックな「X/ハイブリッドX」「G/ハイブリッドG」に加えて、オフロードイメージをより強く押し出す専用デザインが施された「Advnture」グレードの2パターンです。

 パワートレーンも2リッターの4気筒直噴エンジン(Dynamic Force Engine/M20A-FKS)を搭載するガソリン車と、2.5リッター4気筒直噴エンジン(Dynamic Force Engine/M25A-FXS)とハイブリッドシステム「THS(TOYOTA Hybrid System) II(リダクション機能付き)」によるハイブリッド車の2パターンを用意します。

トヨタ RAV4 SUV フロントデザインは2種類。テーマ車となる「Adventure」グレードはグリルをグワッと拡大し、ワイルド感を高めた顔つきにした

 最後に駆動方式。低廉な2WD(FF)モデル(Xグレード)に加えて、主力の4WDモデルには、ガソリン車にダイナミックトルクコントロール型の4WDと、前後トルク配分に加えて後輪左右のトルクを独立制御する新型の「ダイナミックトルクベクタリング4WD」の2種類から。ハイブリッド車にはFFと、モーターで後輪の駆動を高度に制御する電気式4WD「E-Four」を用意します。

トヨタ RAV4 SUV 世界初採用(2019年4月現在トヨタ調べ)とする「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用

 車体サイズは4610(全長)×1865(幅)×1695(高さ)ミリ、ホイールベースは2690ミリ。最低地上高は200ミリ、アプローチアングル18度(フロントバンパーとタイヤ接地点をつないだ線と地面の角度)、ランプブレークオーバーアングル17.5度(前後タイヤとホイールベース中心の車体底部をつないだ線と地面の角度)、デパーチャーアングル20.5度(リアバンパーとタイヤ接地点をつないだ線と地面の角度)。車両重量は約1630キロ(以上、Adventureグレードの19インチタイヤ装着車)。

 最大出力はガソリン車が171馬力、ハイブリッド車が178馬力(131kW)、最大トルクはガソリン車が21.1kgf-m(207Nm)、ハイブリッド車が22.5kgf-m(221Nm)。燃費性能は、ガソリン4WDモデルがリッター15.2キロ、同2WDモデルがリッター15.8キロ、ハイブリッド車がリッター20.6キロ(4WDモデル)です。

トヨタ RAV4 SUV 新型「RAV4」モデリスタパーツ装着車
トヨタ RAV4 SUV 新型「RAV4」TRDパーツ装着車


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」