スゴすぎでしょ……時速300キロ以上出るモンスターSUV「ランボルギーニ・ウルス」発売 価格は2574万円(1/3 ページ)

ランボルギーニがSUVを作ったらここまですごかった。(写真160枚)

» 2018年02月06日 21時00分 公開
[岩城俊介ねとらぼ]

 スーパーカーメーカーのイタリア アウトモビリ・ランボルギーニ(以下、ランボルギーニ)は2月6日、5人乗りのSUV(スポーツタイプ多目的車)「ランボルギーニ・ウルス(以下、ウルス)」を日本でも発売すると発表しました。デリバリー開始は2018年春を予定、価格は2574万円(税別)です。

photo ランボルギーニ・ウルス

 ウルスは2017年12月にイタリアで発表された「時速300キロ出せるスーパーSUV」。ランボルギーニの他スーパースポーツモデルで得られる魅力的なデザイン、高い性能、運転の楽しさ、究極の感動を示す「ランボルギーニのDNA」を5人乗りのSUVにおいても体現し、高出力のエンジンと高度に電子化した車体制御技術によって、悪路、砂漠、氷上も含めた高い走行性能を実現します。ランボルギーニはウルスを、世界的に需要が高まっている高級SUVカテゴリーの上へ行き、市販車最強のSUVであるとした「スーパーSUV」と表現しています。

 パワートレインは、4リッターのV型8気筒ツインターボエンジンと8速オートマチックの組み合わせに、四輪操舵(4WS)機能付きの四輪駆動システムを備えます。最高出力は650馬力(6000rpm時)、最高速度は時速305キロに達します。なお、ランボルギーニ車で初とするターボを採用したのは、スポーツモデルと比べれば重い2.2トン(乾燥重量)の車体ながらも「ランボならでは」の高い走行性能を実現するためとしています。2250rpmの低回転域で86.6kg-m(850Nm)の最大トルクを発生し、時速100キロまで3.6秒で到達する加速性能を持ちます。その一方で、大径のカーボンセラミックブレーキシステムによって時速100キロから33.7メートルで静止できる強力なブレーキ性能も備えます。

photo ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリ氏
photo スポーツカーとSUVの特長に対して、ウルスはどのポイントも「まんべんなく高い性能を発揮する」としています

 デザインも、「ランボルギーニらしい」迫力のあるスタイリングが魅力です。ランボルギーニのスーパーカーが採用する「全体の3分の2がボディ、残りの3分の1が窓」の比率を継承し、オフロード四駆「LM002」のY字型エアインテーク、「ミウラ」「アヴェンタドール」のようなボンネットのデザインや隆起、「ウラカン」などで採用したCピラーを代替する角度を付けたリアウインドウ、「カウンタック」を連想させる六角形のホイールアーチなど、歴代の名モデルを連想させる意匠がところどころにちりばめられています。

 車体サイズは、5112(全長)×2016(全幅)×1638(全高)ミリで、ホイールベースは3003ミリ。乗員は5人です。例えばレクサスの3列シート搭載高級SUV「RX350L」(関連記事)の、5000(全長)×1895(全幅)×1710(全高)ミリと比べると、かなり大きく、ホイールベースはかなり長い仕様ですが、低速時は後輪が前輪と逆に向く4WSの機能によって、取り回し性能も高めています。

photo タイヤは23インチ(オプション/標準は21インチ)、直径440ミリのカーボンセラミックディスク+10ポットキャリパーの強力なブレーキを備えます

 日本発表会にはランボルギーニ本社のステファノ・ドメニカリCEOも来日。ウルスを「全く新しい領域に参入する。ランボルギーニが大切にするエモーション(感動)を実現しながら、SUVとしての使い勝手、収納性、家族で楽しめる」と説明し、「日本は第2の大きな市場と位置付けている。2017年は好調で、過去最高となる年間400台以上を販売した。2年以内に販売台数を全世界で、および日本でも2倍まで高める計画。ウルスはこの成長の起爆剤になる」と戦略を述べました。

 世界的なSUVブームを受け、富裕層の購買志向は超高級SUV型と従来通りの高級スーパーカーに二分しています。スポーツカーメーカーのポルシェがSUV「カイエン」で富裕層に受け入れられたように、ランボルギーニも自身が持つ強力なブランド力でさらに上位の富裕層を囲い込む考えです。同じくイタリアの高級車メーカー マセラティは2017年に初のSUV「レヴァンテ」を投入。また、スーパーカーメーカーとして最大のライバルとなるフェラーリも2020〜2021年をめどにSUV型車種を投入する計画です。高級車メーカーによるSUVを軸にした富裕層獲得争いは今後もさらに激しくなっていきそうです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」