ニュース
» 2019年11月26日 08時00分 公開

移動式の別府温泉「幻想の湯」〜なぜ企画を思いついたのか?

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

 ニッポン放送「週刊 なるほど!ニッポン」(11月3日放送)では、「温泉水だけじゃない! あの別府温泉を浴場施設ごと全国へお届け!?」というトピックスを紹介した。

ニッポン放送「週刊 なるほど!ニッポン」

 大分県の「別府温泉」が、あなたのところへ来てくれるかも…。浴場施設も含めた別府温泉を丸ごとお届けするという、「幻想の湯」が完成。

 プロジェクトの担当者、別府市産業連携・協働プラットフォーム「B-biz LINK」の後藤寛和さんに、立川晴の輔が話を伺った。


晴の輔:噂の「幻想の湯」とは、どういったものなのでしょうか?

後藤:よく空気でふくらませる玩具がありますが、それと同じで、ふくらませたテントのなかに温泉を作りました。テント内に浴槽を男性用・女性用と2つ設けて、そこに源泉100%のかけ流し温泉を入れています。

晴の輔:どれくらいの大きさになるのでしょうか?

後藤:テント(エアーハウス)自体は縦横10メートル、高さが約6.4メートルです。男女で分かれている浴槽は、それぞれ縦2.2メートル、横3メートル、深さ70センチの大きさで、5〜6名は入浴できます。

晴の輔:男湯、女湯で「のれん」がかかっているのですか?

後藤:はい。脱衣場やトイレもあり、公衆浴場法に則った施設になっております。また、浴槽には「湯煙の絵」を飾ろうとも考えています。

晴の輔:この「幻想の湯」を、別府から運べるということですか?

後藤:北は北海道、南は沖縄まで、船があるところやトラックが行けるところであれば、お持ちできるような施設です。

晴の輔:移動式の別府温泉ですね。

後藤:湯もエアーハウスも一緒に運びますので、温泉は約11トンをお持ちいたします。約6時間はご入浴いただける計算で作っています。

晴の輔:どういったところに需要があるのですか?

後藤:「昔はよく別府に行ったけれど、いまは行くまでの体力がない」「自宅のお風呂でないと入れない」「近くでないと入れない」などのご要望をよくいただきます。それなら温泉施設ごと作って入浴できれば、みなさんに別府温泉を楽しんでいただけるのではないか、というのが企画の始まりです。

晴の輔:「幻想の湯」を呼ぶとしたら、おいくらぐらいかかるのでしょうか?

後藤:保健所への手続きなどもありますが、想定では九州内であれば約100万円前後、関東圏ならば200万円前後かと思います。

ニッポン放送「週刊 なるほど!ニッポン」

後藤:別府は平成28年に「熊本地震」の被害を受けて、物的被害が大きく出ました。そのとき全国のみなさんに支えていただきましたので、私たちもみなさんの援助・支援をしたいと考えています。「幻想の湯」を使っていただける機会があれば、また受け入れ側のみなさんのご要請やご依頼があれば、こちら側もお答えできるかと思います。

晴の輔:確かに、受け入れ側の準備が整っていないと、逆に迷惑をかけることにもなります。

後藤:そうなのです。よかれと思ってお邪魔しても、受け入れ側のみなさんにご迷惑をおかけするわけにはまいりません。水が出ない、お風呂に入れないなど、いま大変なところに「幻想の湯」をお持ちできればいいと思っております。

晴の輔:熊本、大分の地震を経験しているからこそ、機会があれば援助・支援して行きたいということですね。

週刊なるほど!ニッポン

FM93AM1242ニッポン放送 日曜24:50-25:00


Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」