ニュース
» 2019年11月27日 11時40分 公開

芸術はリーダーに任せよう! 櫻井翔、初挑戦の“ココアアート”で独創性100点のモンスターを生み出してしまう

どうしてこうなった。

[深戸進路,ねとらぼ]

 アイドルグループ「嵐」の櫻井翔さんが、「森永ココア」の100周年を記念したスペシャル動画でパンダの“3Dココアアート”に挑戦。本人としては満足いく仕上がりのようですが、お手本と比べてみると……な結果になっています。


櫻井翔 パンダ 森永ココア ココアアート ラテアート 100周年 動画 悲劇の始まりはさわやか

 「森永ココア」のイメージキャラクターを務める櫻井さんは、泡立てたミルクを使って立体感のあるパンダを作る“3Dココアアート”に挑戦。収録前には、「得意じゃないので、すごいことになりますよ」と波乱の展開を予感させる言葉を残していたそうで、手をぶるぶる震わせながら作ったココアアートは、案の定パンダの面影を全く残していない芸術的な仕上がりとなっていました。謎のモンスターが生まれてしまった。

櫻井翔 パンダ 森永ココア ココアアート ラテアート 100周年 動画 なんだこれは?

 櫻井さんは自分が生み出した“パンダらしき何か”に違和感を覚える様子を見せながらも、「いやぁ簡単ですね」「かわいいパンダの3Dココアアートできましたよ」となぜか自信満々。収録後のインタビューでも自己評価は高く、「皆さんの想像しているパンダとはきっと違うと思いますけど、僕の想像しているパンダとは見事に合致しましたので100(点)だと思います」と芸術的な言い訳も飛び出していました。この男、天才かもしくは……。

櫻井翔 パンダ 森永ココア ココアアート ラテアート 100周年 動画 お手本と比べると残念すぎる結果に

関連キーワード

パンダ | | アイドル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.