ニュース
» 2019年11月27日 13時55分 公開

Twitter、6カ月以上放置のアカウントを削除の新方針に「故人のアカウントも消える」とユーザーから反発 Twitter社は「対応を検討中」とも (1/2)

「対応策を検討中」とも報じられていますが……。

[ねとらぼ]

 米Twitterが半年間ログインのないアカウントを削除する意向であることが、海外の報道により分かりました。ユーザー向けの警告メールが届き始めており、対象アカウントのログイン期限は12月11日。同社が休止アカウントを大規模に削除するのは初とのことです。


 BBCによると、Twitter広報はアカウント削除の意図について、ユーザーに最新のプライバシーポリシーに同意してもらうことや、休止状態のアカウントを削除することで現行アカウントのフォロワー数水増しを防ぐねらいがあると説明しています。

 削除は12月11日に一斉に行われるわけではなく、その後一定期間かけて実施されていくことになります。アクティブなアカウントかどうかはあくまでログイン情報に基づいて判断されるため、自動投稿が設定されているアカウントやbotアカウントも、オーナーがログインしなければ削除されてしまうようです。

 なお、この対応により、亡くなったユーザーのアカウントが大量削除されることも懸念されます。Facebookでは2015年より、死後の管理者を生前に指定できる「追悼アカウント」の仕組みが実装されていますが(関連記事)。同社はThe Vergeの取材に対し「現状では亡くなった方のアカウントを記録する手段がありません。しかし担当チームはその方法を検討中です」と答えています。

 休止アカウントの削除方針が報じられると、日本のユーザーからは大きな反発が。「亡くなった朋友たちのアカウントが……」「友人知人のあのバンドマンやプログラマやボカロPたちのアカウントも消えてしまうのですかね」「死者の生きていた証を消す権利があるのか」など、故人のアカウント消滅を悲しむ声が目立ちます。


 また、映画、テレビ番組、ゲームなどの公式アカウントも、更新が止まっているものは将来的に消えてしまう可能性があります。Twitterでは、続編が予定されている作品や思い入れのある作品アカウントの消滅を危惧し、担当者が忘れずにログインしてくれるよう祈る声も見受けられます。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.