ニュース
» 2019年11月27日 16時27分 公開

フォルクスワーゲンの新コンパクトSUV「T-Cross」、300万円切る価格で登場【写真17枚】 (1/3)

コンパクトSUVにまた新たな選択肢ですよ。

[ねとらぼ]

 フォルクスワーゲングループジャパンは11月27日、コンパクトSUV「T-Cross(ティークロス)」を発表し、受注を開始したと発表しました。新導入を記念した特別仕様モデルを299万9000円(税込)から販売します。

フォト フォルクスワーゲンの新コンパクトSUV「T-CROSS」

 ボディーサイズは4115(全長)×1760(全幅)×1580(全高)ミリと、フォルクスワーゲンとしては最も小さなSUV(日本でのキャッチコピーは「TさいSUV」)。「MQB」をプラットフォームを採用し、コンパクトながら広々とした居住性や、5人乗車時でも455リットルというクラストップレベルの荷室を備えています。

 エクステリアはフォルクスワーゲンのSUVシリーズらしさを継承しつつ、個性的で存在感のあるデザイン。パワートレインは1リッター直列3気筒ターボ(116馬力、200Nm)に7速DSGを組み合わせます。燃費(WLTC)は16.9キロ/リットルと、経済性にも優れるとしています。

 受注を開始した特別仕様車「T-Cross TSI 1st」(税込299万9000円)、「T-Cross TSI 1st Plus」(税込335万9000円)には、アダプティブクルーズコントロールなど各種の先進安全装備、カーナビなどを含む純正インフォテインメントシステムなどを標準装備。さらに「Plus」では内外装のカラーを全21バリエーションから選べます。納車は2020年1月以降を予定しているとのことです。

フォト 「T-CROSS」のインテリア

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.