コラム
» 2019年11月29日 11時00分 公開

神戸の北神急行が「千葉の小湊鐵道」を応援──なぜ? 「一刻も早い復旧を」600キロ離れた鉄道マンたちがつなげた、熱すぎる絆 (1/3)

「30年かけてやっと鉄道マンになってきたんやなあ……」中心人物の北神急行青木さんに裏話も聞きました!

[鶴原早恵子,ねとらぼ]

 兵庫県の新神戸駅から谷上駅を結ぶ約7.5キロの短い路線「北神急行(ほくしんきゅうこう)電鉄」。線路のほとんどはトンネルの中という独特の路線です。この北神急行の車両に2019年12月2日まで、「千葉県の小湊鐵道(こみなとてつどう)」を応援するヘッドマークが掲出されています。

北神急行ヘッドマーク 神戸の北神急行に掲出された「小湊鐵道応援」のヘッドマーク

 なぜ、神戸を走る電車に、千葉県の電車を応援するヘッドマークなのでしょうか? その理由は、2019年9月に千葉県を中心に大きな被害を出した台風15号(令和元年台風15号)にありました。

「高圧電線用のケーブルはありませんか?」被災した小湊鐵道からSOS

 台風15号(関連記事)は2019年9月9日、観測史上最強クラスの勢力で関東地方に上陸。特に千葉県の被害がひどく、房総半島南部から北東部までの広範囲に渡って電気、水道、ガス、電話・通信などのライフラインから、鉄道、航空、道路の公共交通まで大きな被害をもたらしました。

 9月12日、北神急行 営業・事業企画推進課長の青木さんのもとに小湊鐵道 運輸課トロッコ推進室長の荒井さんから1本の電話がかかってきました。

 「高圧電線用のケーブルは、余っていませんか──」

 9日未明に上陸した台風15号によって、房総半島を走る小湊鐵道も特に大きな被害を受けました。一部区間で信号や踏切用の高圧電線ケーブルが寸断されました。復旧しようにも、小湊鐵道社内にも、近隣の鉄道会社にも在庫はなし。これから発注しても納期に時間がかかり、営業復旧のめどすら立たない状態に陥ってしまいました。

 実は北神急行の青木さんは、2017年に小湊鐵道に「乗り」に行ったことがありました。そのときに意気投合して名刺交換をしたのが、当時運転士として乗務していた荒井さんでした。

 そんな鉄道マン同士の縁を頼っての問い合わせでした。しかしあいにく北神急行にもケーブルの在庫はありません。そこで青木さんは親会社の阪急電鉄を紹介し、さらに阪急電鉄が取引先の住電商事を紹介し……人と人、鉄道マン同士の輪がつながっていき、9月24日に無事小湊鐵道にケーブルが納品されることになりました。

 この一連の経緯は、小湊鐵道の公式Facebookページで詳しく紹介されています。

「何度でも立ち上がる!」北神急行に掲出した小湊鐵道ヘッドマークに込めた思い

 このあと、さらなる支援ができないかと北神急行が検討した結果、決定したのが北神急行と小湊鐵道のヘッドマークの交換です。

 北神急行は、乗り物イラストレーターの井上広大さん(@koudaitrainbus)さんによる小湊鐵道イラストをヘッドマークにし、小湊鐵道は北神急行のマスコットキャラクター「北神弓子(きたがみきゅうこ)」のイラストをヘッドマークを掲出することにしました。

 ところがこの決定直後にやってきたのが台風19号(令和元年台風19号)。台風19号も「2019年最強の勢力」(関連記事)などという名目で東海から関東、東北にかけて直撃したのは記憶に新しく、さらに台風15号、19号の爪痕が残る中、10月26日にも台風21号で記録的な大雨に見舞われました。小湊鐵道は約1カ月半ほどの間に相次いで3回も被災しました。

 2019年11月現在、小湊鐵道の里見〜上総中野駅間はいまだ代行輸送区間となっています。復旧は12月中旬の予定です。

 「何度でも立ち上がる!!」。神戸で掲げられたこのヘッドマークには、そんな千葉・小湊鐵道のさまざまな熱い気持ちが込められています。

北神急行ヘッドマーク 「何度でも立ち上がる!」という言葉が力強い

 今回、どんな思いで支援を行ったのか、中心人物である北神急行電鉄の青木さんに話を聞きました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.