ニュース
» 2019年11月29日 12時30分 公開

大ヒットした前作から受け継いだ“語られるべき姉妹の絆” 「アナと雪の女王2」で描いた“家族の愛”についてクリス・バック監督が語る

「最初から僕たちのなかでアナとエルサが最後どうなるのかというのは見えていたから、それまでの物語を作るのが仕事だった」

[大原絵理香,ねとらぼ]

 アニメーション映画史上全世界興収歴代ナンバーワンの記録を打ち立て、社会現象まで巻き起こした「アナと雪の女王」(2014年日本公開)の続編「アナと雪の女王2」が11月22日から公開中です。

アナと雪の女王2 クリス・バック 監督 「アナと雪の女王2」は前作から3年後が舞台 (C)2019 Disney. All Rights Reserved.

 同作の舞台は、アレンデール王国の女王エルサと妹のアナが強い絆で結ばれた前作から3年後。不思議な“歌声”がエルサに届き、王国が危機に見舞われてしまいます。姉妹は歌声の正体を知るため、アナの恋人のクリストフや雪だるまのオラフとともに、エルサの力の秘密を解き明かす冒険に出かけます。

 日本でも歴代興行収入第3位を記録した前作の続編は、どのようにして作られることになったのか、ねとらぼエンタでは前作に引き続き監督を務めたクリス・バックへインタビューを実施。「アナやエルサのことが恋しくなってしまったから続編を作ることを決めた」という「アナと雪の女王2」について語ってもらいました。

アナと雪の女王2 クリス・バック 監督 監督は前作に引き続きクリスとジェニファー・リー

――前作が大ヒットを記録した中、「アナと雪の女王2」を作るプレッシャーはかなりのものだったと思います。

クリス・バック監督(以下、バック監督): 世界中のファンが前作をどれほど大好きでいてくれたのか、どう受け止めているかを知っていたのでプレッシャーはもちろんありました。けれど、そういうプレッシャーは僕たちが働いているスタジオには持ち込まないで、良いものを作るために向き合ってきました。

――そのプレッシャーを超えてまで続編を作りたいと思った理由は?

バック監督: 2015年にスピンオフ作品「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」を作ったとき、自分たちのキャラクターに再び命が吹き込まれていくのを見てジェニファー・リー監督とともに彼女たちのことが恋しくなってしまったったんです。だって、彼女たちの人生はきっとこれからですし、語られるべき物語がありますからね

 そこから続編を作るにあたっては、最初から僕たちの中でアナとエルサが最後どうなるのかは見えていたし、それまでの物語を作っていくのが僕たちの仕事だったので、そこまで難しいことではありませんでした。

アナと雪の女王2 クリス・バック 監督 (C)2019 Disney. All Rights Reserved.

――魅力的な新キャラクターも仲間入りしましたが、バック監督の今作の一番のお気に入りのキャラクターを教えてください。

バック監督: 風の精霊、火の精霊、水の精霊、地の精霊たちです。僕はエルサと彼らのつながりが大好きで、本当に気に入っています。特に、水の精霊とエルサのパワフルな関係、そして最初は危険な存在だけど、エルサの自身の力に気付いたいたずらな顔をのぞかせる風の精霊がチャーミングで大好きです。

――姉妹の強く深い絆、自然と人間の共存をはじめ「アナと雪の女王2」ではさまざまなテーマが扱われていました。現在と過去が交差していたり、アナとエルサのアクションシーンも多くなったりととても壮大でしたが、監督が特に今作で描きたかったものは?

バック監督: 「アナと雪の女王」シリーズの核となる部分はやはり姉妹の関係だと思っているので、僕たちにとって一番重要だったのは、アナとエルサの関係をきっちりと描くことでした。たくさんの要素は確かにありましたが、それらにより2人の絆はかつてないほど強く、深くなったと思います。

アナと雪の女王2 クリス・バック 監督 (C)2019 Disney. All Rights Reserved.

 多くのディズニー作品がそうであるように、「アナと雪の女王2」も核となっているテーマは“家族”です。2人の女性たちーーアナとエルサにどんな困難が立ちはだかっていたとしても向き合い、乗り越えていく強さ。そして、絶対に引き裂かれることのない2人の絆に、家族の愛を感じてほしいと思っています。

――今作で、アナとエルサたちの“語られるべき物語”を描ききれたと感じていますか?

バック監督: 今はアナとエルサが素晴らしいエンディングを迎えられたことにとても満足しています。なので、まだ続編のことはなにも考えていません。やはりまずは、世界中のファンに「アナと雪の女王2」を楽しんでほしいと思っています。

アナと雪の女王2 クリス・バック 監督 (C)2019 Disney. All Rights Reserved.

――ありがとうございました! 最後に、日本のファンに一言お願いします。

バック監督: 早く日本の皆さんにこの作品を見てほしいと思っています。前作も日本の皆さんはすごく応援してくださったので、「アナと雪の女王2」を分かち合えることが本当に楽しみです。

アナと雪の女王2 クリス・バック 監督

動画が取得できませんでした
「アナと雪の女王2」吹替版 予告

関連キーワード

アナと雪の女王 | ディズニー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」