ニュース
» 2019年11月30日 07時30分 公開

愛に気付いたらもう戻れないだろ「ハイスコアガールII」21話 ハルオ、告白への決意(1/2 ページ)

長かったねー。

[たまごまごねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ハイスコアガール (C) Rensuke Oshikiri/SQUARE ENIX

 ゲーセンで燃やした青春があった。ゲーセンで育った恋があった。格ゲーが盛り上がっていた90年代を舞台に、少年少女の成長を描くジュブナイル「ハイスコアガール」(原作アニメ。ゲームを愛した2人の少女と1人の少年の、エモーショナルな恋の物語。

 20話で複雑な顔をしている大野晶に出会ってしまった矢口春雄(ハルオ)。大野と距離が開いてしまったことで気付いたことがある。ついにハルオが自らの恋心に向き合い、動き出す。ここまで長かったねえほんと。


ハイスコアガール (C)押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガールII製作委員会

街のいたるところに君がいる

 ハルオが大野を好きだ、というのは周囲の誰から見ても火を見るより明らかな状態。とはいえ、人を「好き」だとか「愛している」だとかの境目って、分かる人はそうそういないもんです。まして趣味のゲームにも自分にも真っすぐに生き続けるようなハルオには、器用にこなして理解しろって言う方が無理な話。

 鈍いと言うよりは、決断して一歩踏み出すことが出来ない性格、という方が近いかもしれません。友人の宮尾いわく「流されっぱなしのハルオ見てっとイライラするぜ」。

 そんななあなあだったハルオが、ついに自覚をします。彼が恋心を抱いていたのを認識した決め手は、思い出の在り方でした。


ハイスコアガール 小学生時代のことって、そうそう思い出さないものです(21話) (C)押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガールII製作委員会

 どこにいっても、何をやっても、大野のことを思い出す。何年もたってから過去を何度も思い出すなんて、よほどじゃない限りありません。「俺にとっての大野の存在がここまで大きくなるとは」と考えるハルオの脳裏には、小中高と歩んできたさまざまな大野との日々が、浮かび上がり続けます。このカットに詰まっているのは超名シーンだらけ。それぞれ大野がどういう視線を、どんな気持ちで向けていたのか、視聴者側から考えるだけで心臓がおかしくなりそう。


ハイスコアガール ハイスコアガール序盤、小学校時代の名シーン(21話) (C)押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガールII製作委員会

 ハルオ「街のいたる場所が大野とともにいた記憶で溢れかえっている」「楽しかった 大野といるのが一番楽しかった」「熱かった 闘志と別の何かが燃え上がっていた」

 小学校時代に自転車二人乗りで遠出したシーン。まだ仲が悪いと思っていた、でも何かお互いの心に芽生えていた幼い日のことが、頭をよぎる。

 無意識に思い出し、考え、心が動く。この感覚を、彼は「好き」だとやっと認識しました。

 ハルオは特に目がゲームに向きっぱなしなので、もともと一目ぼれとかはするタイプではないんでしょう。関係を積み重ねていくことで情が育まれるタイプ。手を握ったり一緒に寝たりと、人から見たら「にぶい」といわれてしまう数々の大野との出来事は、彼の場合一度通過して振り返ることで、真の恋愛の糧になっているようです。


長かったね〜〜〜


ハイスコアガール 本当にこいつら楽しそうだな(21話) (C)押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガールII製作委員会

 ハルオが恋を打ち明けてからというもの、周囲は大盛りあがり。ハルオのお母さんナミエ、大野の姉の、友人の宮尾光太郎土井玄太。ぶっちゃけ面白がっている比重のほうが大きく、ハルオはおもちゃにされている状態。

 まあでもここは、みんな今まで見守ってきたのだから、ちゃかしてもしょうがない。ハルオはしっかり自分のペースで心をかみ締めたのだとはいえ、周囲から見たらほぼ両思いにしか見えないのに付かず離れずな2人の関係は、見ていて落ち着かなかったわけで。特にお母さんと真は、ハルオと大野を後押しすべく手を組む最中で仲良くなった関係。この状況を「面白がっている」とは言っているものの、2人とも本音は別にあるはず。


ハイスコアガール 宮尾は本当にいいやつだよ(9巻)

 それぞれのハルオ分析がかわされているのも楽しい。母親としては「長かったねー」という感想を持ちつつ、恋愛感情や性的好奇心がスっぽ抜けていることを心配していた様子。ハルオを強引に大野と一緒にいさせるなどしてもなお、なかなか動かなかった今までを考えると、なにかあるのではと考えるのも仕方ない。

 この作品の名脇役すぎる存在の宮尾は「恋をすっ飛ばして…愛から始めてしまった」という抽象的な発言で説明。宮尾は献身的すぎるほどハルオのために動く少年。むしろお前の友人のあり方こそ愛だよという気がしてならない。彼はハルオを俯瞰してアドバイスし続けてきました。名言が多いのですが、彼も高校生のノリと勢いで言っているところがあります。ハルオが過去に宮尾の言った発言を覚えて自分を見直していたのに、宮尾側が覚えていなかった、なんてシーンも。

 このごちゃごちゃなメンツの中で、大野とハルオのストII対決の重さを理解しているのは、宮尾だけです。

 宮尾「誰をも寄せ付けない絆を前にして……告白だとかプロポーズを促すのはよくないことなのかもしれない」

 もちろん宮尾にもハルオの本当の心理は分からないです。しかしただの恋愛関係ではない、さまざまな悩みや葛藤や戦いがあった2人の様子を遠巻きに見てきたからこその、宮尾の視点です。ゲームでの勝負にこだわるのは、意地を張ってるわけではない。越えることでスタートラインに立てる重要なポイントなのだと、宮尾には分かっているようです。


大野、最後の大会遠征


ハイスコアガール 萌美先生、いいキャラになりました。(9巻)

 もう1人今回の名脇役といえば、萌美先生。四角四面で融通が利かない厳しい大野のお目付け役でした。ハルオがスパIIXの大会に行くことを聞いた大野。自分も行きたいと萌美先生にを許可を取ることに。当然NGが来るかと思いきや、行くなとも許さないとも言わない、「あきれ返った」とだけ言って言葉の裏で気遣いを見せました。

 以前大野と仲たがいをして心を改めたこと、またハルオが誠実だったことを見越した上でのナイスパス。さあ道は整った。ありがとう萌美先生。変なメガネない方が似合ってるぜ。

 といっても必ずしも幸せな展開とは言い切れない。萌美先生と大野は、ロス移住が決まっていて、これがハルオとの最後の遠征なのを知っている。


ハイスコアガール ハルオは何も知らない(21話) (C)押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガールII製作委員会

 2人とも遠征に行けることになり、新幹線で新横浜から一路大阪へ。顔を合わせほほえむ2人の姿は、これからの未来への希望に満ちたものなはず。なのに大野はもうこれが最後なのを知っている。ハルオは何も知らない。


ハイスコアガール 勝負とは別の理不尽(9巻)

 ハルオが告白に向けて並々ならぬ情念を燃やしていることに気づいているであろう大野。彼女の心中を考えるとやりきれない。勝負には真剣だけれども、どう転んでも理不尽な力により、悲しみが訪れる。

 でも伝えない大野。彼女が徹底してしゃべらない設定(?)なのが、ここに来てどんどん重いものになります。




       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  6. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  7. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  8. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
  9. /nl/articles/2402/22/news137.jpg 字をきれいに“見せる”方法が目からウロコ! 新生活スタート前に覚えておきたい4つの「美文字のコツ」とは
  10. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  7. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」