ニュース
» 2019年11月30日 11時00分 公開

75歳以上医療費2割負担へ〜若い世代も他人ごとではない“厳しい将来”

やがて受給者となる若い人も高齢者と一緒になって政府と対峙する。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月28日までに日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。医療保障と社会保障の今後について解説した。

フォト ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

政府が75歳以上の医療費、2割負担へ

政府は75歳以上の後期高齢者の医療費の窓口負担について、現在の原則1割から2割に引き上げる方向で本格的な検討に入った。およそ3年後には団塊の世代が75歳以上となり、急増する社会保障対策と世代間の負担の公平性を確保する狙いがある。

飯田)政府には全世代型社会保障検討会議というものがあり、来月(12月)中旬に中間報告を取りまとめるので、そこに盛り込まれるのではないかと言われています。

フォト ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

少子高齢化が進み、医療費が増えることは20年前からわかっていたこと

鈴木)本格的な検討に入ったということですが、少子高齢化が進んで社会保障が大変になることは、わかっていたことですよね。年金は若い人が支えているので、その財源が少なくなる。また高齢者が増えるので、医療費も増えるから負担を増やして行かなければならない。つまり、少子高齢化から社会保障の財源がどんどん減って行く。社会保障は年金も減るなど大変なことになりますよ、ということは20年前から言われていたことです。

フォト 内閣官房内閣広報室より公表された肖像写真(橋本龍太郎-Wikipediaより)

政治が逃げて来た結果のこと

鈴木)90年代初期に、橋本龍太郎さんと話しました。橋本さんも、「これからの課題はこれだ。大変なことになるので、政治は逃げてはいけない、向き合わなければ財源がなくなる。そして、国民に厳しいことも言わなければならない。財源を賄うのが消費税であれば、消費税も20%くらいまで上げなければならない。一方で、厳しいことを国民に言わなければいけないのならば、政治側も覚悟を決めて歳費をカットするとか、議員の定数を減らすなどということを行わなければいけない」と発言していました。これは、いままでの政治がこの問題からずっと逃げて来た結果なのです。こういう厳しいことを言うと、選挙で票にならないから避けて来たのです。

飯田)投票に行く方も多いし、もともとの母数も大きいですから。

フォト ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

やがて受給者となる若い人も高齢者と一緒になって政府と対峙する

鈴木)数の多い高齢者の方を意識して、この問題から避けて来た。もう1つは、現在の安倍政権が抱えている全世代型社会保障。この言葉を僕らはよく考えなければならない。なぜなら、いま検討会なども含めて出て来ていることは医療費、介護費、年金など、高齢者の方に比較的反映されています。高齢者の方の部分を削って、若い人に回すという印象がありますよね。実際に子育ての面で、保育園や幼稚園の無償化など、「高齢者の分を切って私たちに回って来ているのだな」と若い人たちは思う。ですが、75歳で医療費を負担ということは、若い人たちがその年齢になれば、みなさんも2割負担しなければならないということなのです。場合によっては、負担額の割合はさらに大きくなっているかもしれない。全世代型と言うと、何となくバランスを取っているように見えますが、どんどん財源を減らして厳しくして行くという流れです。このことについて、高齢者の方はいまから切られるので実感がありますが、若い人も実はそのなかに組み込まれていることを認識しなくてはなりません。

飯田)歳を取れば、今度は受給側にまわるということですものね。

フォト 首相「新しい時代つくる」在職日数が憲政史上歴代1位となり、記者の質問に答える安倍首相(左端)=2019年11月20日午前、首相官邸 写真提供:共同通信社

経済成長とセットに〜政治側も歳費をカットするべき

鈴木)自分に返って来てしまう。ですので、ここは高齢者と若い人が一緒になって、政府としっかり対峙する。そして議論をして行かなければなりません。先ほどから言っているように、政治はここから逃げてはいけない。「厳しいですよ。消費税をもっと上げなければいけないかもしれない」ということを、勇気を持って言わなくてはならない。そのためには議員定数の削減というようなことで、形を示さなければいけないですよね。

飯田)現在の国会の停滞ぶりを見ていると、こんなに必要ないだろうと思ってしまいますよね。限られたパイのなかで、切りあって回して行くということではなく、稼ぎをどんどんと大きくするような…。

鈴木)経済成長がセットですよね。社会保障のなかだけではなくて、経済成長を含めたトータルで議論をしなればならない。しかしまずは少なくする、そんな意図が見えますよね。

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00


radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」