ニュース
» 2019年12月03日 07時00分 公開

「満天の星空」「満面の笑顔」という表現は間違い?

正しくは『満天の星』。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
ニッポン放送「鈴木杏樹のいってらっしゃい」

 『満天の星空』は、空に星が満ちあふれた状態という意味で使われることがあるかと思いますが、これは間違いです。

 『満天』には『空いっぱいになること』という意味がありますので、『満天の星空』ですと『空』という意味が重なってしまいます。正しくは『満天の星』です。他にも『満天の星々』といった表現もあります。

 SNSなどでは『満天』を『満点』と表記されている方もいるそうですが、こちらも間違いです。

 同じような例として、『満面の笑顔』も間違いです。『満面』とは『顔じゅう』や『顔いっぱい』という意味ですので、 そこに『笑顔』という言葉が続くと、『顔』という意味が重なってしまいます。正しくは『満面の笑み』です。

さらに『顔じゅうに笑いがあふれること』を『笑顔がこぼれる』と表現される方が多いそうですが、こちらも間違いで、正しくは『笑みがこぼれる』です。

 『顔』はそもそも“こぼれる”ものではありません。『笑顔がこぼれる』だと、笑顔そのものがこぼれてしまうことになります。『こぼれる』のは『笑顔』ではなく『笑み』です。ただし、同じ『こぼれる』でも『こぼれるような笑顔』という表現は正しいそうです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット

FM93AM1242ニッポン放送 月〜金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)


Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.