ニュース
» 2019年12月03日 04時00分 公開

『ジョゼと虎と魚たち』が劇場アニメ化、ボンズ制作で2020年公開へ

名作が実写映画に、そして今度は劇場アニメに。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 芥川賞作家の田辺聖子さんの代表作『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)の劇場アニメ化が発表されました。アニメーション制作はボンズで、映画「おおかみこどもの雨と雪」助監督などを務めたタムラコータローさんがアニメ映画初監督を務める同作は2020年公開予定です。

ジョゼと虎と魚たち 劇場アニメ ボンズ 2020年 劇場アニメ「ジョゼと虎と魚たち」ビジュアル

 原作は、足が不自由でほとんど外出せず、趣味の絵と本と想像の中で自分の世界を生きるジョゼが大学生の恒夫と出会い、人を愛することで外の世界へと飛び出していくラブストーリー。2003年には妻夫木聡さん、池脇千鶴さん主演で実写映画化され、ジョゼと恒夫が人間的に成長しながらもほろ苦い恋愛となる展開は演者のベッドシーンなども手伝って話題を呼びました。

 あれから17年、劇場アニメとなって帰ってくる同作は、「おおかみこどもの雨と雪」助監督や「ノラガミ」シリーズの監督を手掛けたタムラコータローさんが監督を務め、脚本を「ストロボ・エッジ」の桑村さや香さん、キャラクターデザインと総作画監督を「妖狐×僕SS」「クジラの子らは砂上に歌う」の飯塚晴子さんが担当。アニメ化の発表に併せてジョゼのビジュアルも発表されています。

ジョゼと虎と魚たち 劇場アニメ ボンズ 2020年

 タムラコータローさんは、「この作品にはどんなに時がたっても多くの人の心をとらえて離さない不思議な魅力がある」と1984年に発表された原作小説の持つ普遍性を説明。「どこにでもありそうで、どこにもなかった物語。新しい時代を迎えた今だからこそ映像化を通して再度スポットライトが当てられれば幸いです」とコメントを寄せています。


(C)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」