ニュース
» 2019年12月06日 12時57分 公開

「ヒーロー物の世界が現実に!」 31年前の特撮ヒーロー「世界忍者戦ジライヤ」主演俳優が本当に戸隠流忍法三十五代目を継承

最終回のナレーションは予言だった?

[ADAKEN,ねとらぼ]

 31年前の特撮ドラマ「世界忍者戦ジライヤ」で主人公・ジライヤこと山地闘破を演じた俳優の筒井巧さんが12月5日、現存する忍者の流派である戸隠流(とがくしりゅう)忍法の第三十五代目宗家を継承することになったことをブログで明らかにしました。ドラマの中の話ではない現実の出来事にファンの間では驚がくと祝福の声が上がっています。

戸隠流三十五代目 筒井巧 世界忍者戦ジライヤ 戸隠流忍法三十五代目宗家に指名された筒井巧さんと師匠の初見良昭さん(筒井さんのブログから)

 「世界忍者戦ジライヤ」は1988〜1989年にテレビ朝日系で放送されたメタルヒーローシリーズ第7作にあたる作品。戸隠流(劇中では「とがくれりゅう」と呼称)宗家・山地哲山の養子である山地闘破はジライヤスーツをまとい、世紀の秘宝“パコ”を手に入れようとする悪の忍者一族や世界中の精鋭忍者を相手に戦いを繰り広げるという内容でした。

世界忍者戦ジライヤ 世界忍者戦ジライヤ(東映ビデオ公式サイトから)

 同作で哲山を演じた初見良昭さんは、実際の戸隠流忍者の第三十四代宗家であり本物の忍者。ドラマでは忍術のアクション指導も担当しており、筒井さんはその縁から初見さんの元に弟子入りし、このほどその後継者に指名されたとのことです。

 筒井さんはブログで「この度、戸隠流忍法三十五代宗家を仰せつかりました。私にはまだまだ力不足ではございますが、皆様ご協力、ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します」とコメント。同じ内容を英語、スペイン語、フランス語でも記載しています。

動画が取得できませんでした
「世界忍者戦ジライヤ」はYouTube東映公式チャンネルで配信中

 「ジライヤ」では「戸隠流正統、ジライヤ!」と名乗りを上げていた筒井さん。最終回では「やがて山地闘破は戸隠流三十五代目を継ぐだろう」との大平透さんによるナレーションがありましたが、31年の時を超えて現実となったことに、当時テレビを見ていたファンたちからは「マジかよ……リアルで戸隠流継承しちゃったよこの人……」「ヒーロー物の世界が現実に!」「就任おめでとうございます」など、驚きと喜びの声が上がっています。

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン