ニュース
» 2019年12月06日 12時57分 公開

「ヒーロー物の世界が現実に!」 31年前の特撮ヒーロー「世界忍者戦ジライヤ」主演俳優が本当に戸隠流忍法三十五代目を継承

最終回のナレーションは予言だった?

[ADAKEN,ねとらぼ]

 31年前の特撮ドラマ「世界忍者戦ジライヤ」で主人公・ジライヤこと山地闘破を演じた俳優の筒井巧さんが12月5日、現存する忍者の流派である戸隠流(とがくしりゅう)忍法の第三十五代目宗家を継承することになったことをブログで明らかにしました。ドラマの中の話ではない現実の出来事にファンの間では驚がくと祝福の声が上がっています。

戸隠流三十五代目 筒井巧 世界忍者戦ジライヤ 戸隠流忍法三十五代目宗家に指名された筒井巧さんと師匠の初見良昭さん(筒井さんのブログから)

 「世界忍者戦ジライヤ」は1988〜1989年にテレビ朝日系で放送されたメタルヒーローシリーズ第7作にあたる作品。戸隠流(劇中では「とがくれりゅう」と呼称)宗家・山地哲山の養子である山地闘破はジライヤスーツをまとい、世紀の秘宝“パコ”を手に入れようとする悪の忍者一族や世界中の精鋭忍者を相手に戦いを繰り広げるという内容でした。

世界忍者戦ジライヤ 世界忍者戦ジライヤ(東映ビデオ公式サイトから)

 同作で哲山を演じた初見良昭さんは、実際の戸隠流忍者の第三十四代宗家であり本物の忍者。ドラマでは忍術のアクション指導も担当しており、筒井さんはその縁から初見さんの元に弟子入りし、このほどその後継者に指名されたとのことです。

 筒井さんはブログで「この度、戸隠流忍法三十五代宗家を仰せつかりました。私にはまだまだ力不足ではございますが、皆様ご協力、ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します」とコメント。同じ内容を英語、スペイン語、フランス語でも記載しています。

 「ジライヤ」では「戸隠流正統、ジライヤ!」と名乗りを上げていた筒井さん。最終回では「やがて山地闘破は戸隠流三十五代目を継ぐだろう」との大平透さんによるナレーションがありましたが、31年の時を超えて現実となったことに、当時テレビを見ていたファンたちからは「マジかよ……リアルで戸隠流継承しちゃったよこの人……」「ヒーロー物の世界が現実に!」「就任おめでとうございます」など、驚きと喜びの声が上がっています。

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.