ニュース
» 2019年12月11日 22時10分 公開

「アナ雪2」ステマ騒動、ディズニー声明後に漫画家らが初めての謝罪 「『PR表記必要ない』との説明受けた」(1/2 ページ)

あらためて謝罪しました。

[ねとらぼ]

 ディズニー作品の“ステマ(ステルスマーケティング)疑惑”について12月11日、ウォルト・ディズニー・ジャパンの謝罪後初めて、関係する漫画家たちがTwitter上で謝罪を行いました。


代理店に「PR表記必要ない」との説明受けた

 ディズニーが謝罪を行う以前、12月4日の段階で当該漫画家7人がそれぞれ謝罪を行っていましたが、その中の小雨大豆さん、大和なでしこさん、山本アヒルさん3人があらためて経緯の説明と、謝罪を行いました。

 小雨大豆さんは、「仕事を依頼してきた代理店はPR表記をつけないよう依頼してきましたが、本文にアナ雪2のタグ2つと時間を揃えての投稿にする事で、これがステルスマーケティングにはあたらないと認識していたようです」との説明と共に、「この度はお騒がせして本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。大和なでしこさんも、「依頼主側から作家達が同じ時間、同じタグを使用するのでPR表記は必要ないと説明がありましたので、その指示に従いマンガをツイートしました」と、自身の認識が甘かった点を謝罪しつつ説明しました。


 一方で山本アヒルさんは、「ディズニーさんから謝罪を頂いたので、一旦区切りとして僕からも改めて謝罪をさせてください」と切り出しつつ、「タグの指定、他作家さんと同時投稿ということからPR表記がなくてもPRだと理解されると思い、表記の重要性をわからずツイートしてしまいました」と、自らの非を強調しつつ、あらためて謝罪しています。


“共通のハッシュタグが入っていればステマではない”は間違い

 一般論として、“共通のハッシュタグが入ってさえいればステマに当たらない”ということはなく、ユーザーが広告物だと認識できない形でのPRは、ステマに該当する可能性があります。同件について、いわゆる「ステマ防止ガイドライン」を定めているWOMマーケティング協議会「消費者が保護されていないようであれば『WOMJガイドライン』の精神に反している」との見解を示しています。

 漫画家が4日に投稿した謝罪文では、それぞれが一様に自らの認識不足を謝罪しており、ディズニー側や仲介となった代理店側からの声明がなかったことから、「ディズニーや代理店側が漫画家に責任を押し付けている」と批判を集めていました。漫画家側の認識不足も一因であったことは間違いない一方で、「PR表記無し」とした依頼主側の責任も明確になったといえます。

 なおディズニーは11日の謝罪で、「クリエイターのみなさまに責任はございません」と、責任があくまで自社にあることを強調しています。

ディズニーによる謝罪(ディズニー公式サイトより

 同様の事案としては、10月に吉本興業に所属するお笑いコンビ「ミキ」が京都市からの依頼を受け、「#京都市盛り上げ隊」などのハッシュタグと共に投稿したツイートが「ステマに当たるのでは」と批判を集めていました。こちらについて京都市側と吉本興業は「ステマには当たらない」という見解を表明しており、そういう意味では悪しき前例として今回のディズニーの騒動につながっているとの見方もできます。

  • 関連記事

「アナ雪2」ステマでは複数社が関与か

 また小雨大豆さんは、「大きな案件は何社にも渡って仕事がつくられていくのでスピードが必要な映画案件においてそこが疎かになってしまったようです」とも説明。


 ディズニー側は今回の問題の原因は、マーケティング活動における社内指針の周知・厳守が徹底されなかったためであると説明していましたが、小雨大豆さんの投稿の通りであれば、ディズニーの他に複数社が同件にも関わっていたことになります。つまり、ディズニーだけではなく、複数社がコンプライアンス意識の欠けた決定を素通りさせたことを意味します。

 問題が明るみに出たのはたまたま「アナと雪の女王2」でしたが、「アラジン」「アベンジャーズ/エンドゲーム」「キャプテン・マーベル」などでも類似行為が疑われており、こちらでも同様に複数社が関わっていたとすると、ディズニーだけではなく業界の体質的な問題である可能性もあります。

 既報の通り、今回関与していた複数の漫画家がエージェント会社「wwwaap(ワープ)」に所属していたことから、ねとらぼ編集部では同社に対し再三問い合わせを送っていますが、現在まで「担当者不在」の状態が続いており、回答は得られていません。

  • 関連記事
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」