メディア
ニュース
» 2019年12月13日 14時34分 公開

The Game Awardsが選ぶ「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」は「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」! 「デス・ストランディング」も3部門で受賞

おめでとうございます!

[ねとらぼ]

 2019年を代表するゲーム作品を選ぶ「The Game Awards 2019」が12月13日に発表され、フロム・ソフトウェアの「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」(PS4 / Xbox One / Windows)が大賞にあたる「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」に輝きました。発表を受け、Twitterでは「SEKIRO」がトレンドに入り、遊んだユーザーからは「GOTY獲得おめでとうございます!」と受賞を祝うツイートが多数投稿されています。


SEKIRO SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(公式サイト

 「SEKIRO」は戦国時代末期を舞台としたアクションアドベンチャーゲーム。隻腕の忍びとなって主のために戦うというストーリーで、刀と刀がぶつかり合うスリリングな剣戟や、目を疑うほどの“難しさ”で発売当初から大きな話題になっていました。あまりの難易度の高さから、PC版ではゲームオーバー時に表示される「死」の文字を「草」に置き換えるModが話題になったことも(関連記事)。

 「SEKIRO」の名前が読み上げられると、ステージにはディレクターの宮崎英高さん(フロム・ソフトウェア)が登壇。「新しい挑戦や、とがった部分もあったタイトルで、作っている間は不安でした。すばらしい賞をいただいて驚きました。興奮しています」と、受賞の驚きと喜びを語りました。


SEKIRO 宮崎英高さん(配信より)

 その他、日本のタイトルでは「デス・ストランディング」が「Best Game Direction」「Best Score/Music」「Best Performance(マッツ・ミケルセン)」の3部門で受賞。また「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」が「Best Fighting Game」、「デビル メイ クライ 5」が「Best Action Game」、「ファイアーエムブレム 風花雪月」が「Best Strategy Game」「ルイージマンション3」が「Best Family Game」にそれぞれ輝いています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.