ニュース
» 2019年12月14日 14時00分 公開

1世紀前に作られたロールスロイスだとぉ!? 超貴重なクラシックカーが神社の境内にずらり「谷保天満宮旧車祭2019」フォトレポート第1弾 (1/3)

50年以上前の旧車がゴロゴロ集まる、豪華なクラシックカーイベントでした。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 2019年12月8日、東京都国立市にある谷保天満宮で、世界各国のクラシックカーやスーパーカーが集まるイベント「谷保天満宮旧車祭2019」が開催されました。

photo 貴重なクラシックカーやスーパーカーが集結した谷保天満宮旧車祭

 谷保天満宮旧車祭は、自動車クラブ「オートモビル・クラブ・ジャパン」が行っているクラシックカーイベントで、開催場所の谷保天満宮は日本初のドライブツアーが行われた場所であり、交通安全発祥の地とされています。

photo 境内のあちらこちらにクラシックカーが並べられていました

 イベント会場には約200台のクラシックカーが集結。また車数だけでなく、そのプレミアっぷりも半端ではありません。

 例えば1910年製の「ロールスロイス シルバーゴースト」は、製造から1世紀が経過しているにもかかわらず、非常に良好な保存状態を保っており、素人が見ても年期が入っているとわかるエンジンなど、現在も稼働状態にあるそうです。素晴らしい。

photo ロールスロイス シルバーゴースト

 巨大なヘッドライトやタイヤなども特徴的。また個人的に気になったのが、ボンネットに配置してあるマスコットとエンブレム。ロールスロイスらしい豪華な装飾は、この時代からもう登場していたのか、と思わされました。

photo シルバーゴーストのエンジン部分
photo 高級感の漂うマスコット

 境内には1953年製の「メルセデス・ベンツ 170S」の姿も。クラシックなエクステリアにブラックの塗装、さらに巨大なフロントグリルが高級車らしい存在感を放っています。

photo メルセデス・ベンツ 170S(1953年式)
photo フロントグリルの存在感

 このほかにも、「製造が半世紀前は当たり前」と言わんばかりに歴史ある数多くのクラシックカーが集まり、非常に見応えのあるクラシックカーイベントになりました。

photo フォルクスワーゲン 151(1957年式)
photo アストンマーティン DB2/4(1955年式)


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.