ニュース
» 2019年12月16日 17時52分 公開

叙述トリックと分かっていてもだまされる? 「お嬢様ミーム」人気が生んだ「叙述トリックお嬢様」に感心の声(1/2 ページ)

きっとあなたもだまされる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「ゲーミングお嬢様」の話題もあって(関連記事)、近ごろ「お嬢様ミーム」が人気を集めるTwitterに、「叙述トリックお嬢様」なる短文ネタが投下されました。そんな、最初から「叙述トリック」と名乗っている叙述トリックに、だまされるわけが……あれ?


叙述トリックお嬢様 読み返すとより味わい深い

 文章は「聞き手」と「物知り」の会話で進行。「叙述トリックがいったいどういうトリックなのかイマイチ分からないんですわ」「そう言われても、意図的にある情報を伏せることによって読者の思い込みで事実を誤認させる方法だね。としか言いようがないよ」などと、「叙述トリックとは何か」が会話を通じて説明されます。

 それでも聞き手は、「言葉で説明されてもよく分からないんですわ」と理解できない様子。そこで物知りは、大胆にも「実際に『叙述トリック』をこの場で見せてみようか」と言い出します。本来なら叙述トリックは、予告するとそれ自体がネタバレになってしまうのに、そんなことが可能なのか……?

 すると聞き手は「そんなことができるんですか? そら助かりますわ! おおきにな、兄ちゃん!」と、急激に明確な関西弁に。これまで聞き手が多用した「ですわ」はお嬢様言葉でなかったという、叙述トリックの仕掛けを説明して文章は締めくくられました。それに気付いてから読み返すと、聞き手が関西のおっちゃんかおばちゃんにしか思えなくなるから不思議。


叙述トリックお嬢様 お嬢様の陰におっちゃんが潜んでた

 投稿主のりょー(@murai_r)さんはこの文章を、ツイートで「お嬢様ミームが吹き荒れてる」「叙述トリックお嬢様」と前フリしつつ掲載。それが「聞き手はお嬢様である」という先入観を与えたこともあって、リプライでは「うまい」「だまされた」と感心する声が多く上がりました。その一方で、「始めから関西弁だと思って読んでしまった」という関西のかたも多い様子。文章の解読が、耳慣れた言葉に引き寄せられているのかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む