ニュース
» 2019年12月16日 16時43分 公開

「痴漢抑止バッジ」製品化5作品が決定 アドバイザーも期待する“バッジの痴漢抑止効果”第5回

581作品から5作品が製品化へ。授賞式には斉藤章佳さん、ハヤカワ五味さんが出席。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 今年で5回目となる「痴漢抑止バッジデザインコンテスト」。全国126校の学生が応募した581作品から、10校422人の中学生と高校生の投票によって12作品がノミネート、11月17日までの最終審査により製品化される受賞5作品が決定しました(関連記事)。


第5回痴漢抑止バッジデザインコンテスト 受賞者の方たちと、痴漢抑止活動センター代表の松永弥生さん、アドバイザーの斉藤章佳さん、審査委員長ハヤカワ五味さん(C)Hal Photo Works

 12月7日にナレッジソサエティ(東京都千代田区)で行われた「第5回痴漢抑止バッジデザインコンテスト 授賞式」では、5人の受賞者に加え、アドバイザーを務める斉藤章佳さん(精神保健福祉士・社会福祉士/大森榎本クリニック精神保健福祉部長)、審査委員長ハヤカワ五味さん(ファッションデザイナー/ウツワ代表)も出席しました。


第5回痴漢抑止バッジデザインコンテスト 斉藤さんはバッジの痴漢抑止効果に期待(C)Hal Photo Works

 斉藤章佳さんは800人の痴漢加害者への聞き取り調査から「女子中高生を狙う加害者は、制服を着た姿を従順さの象徴だととらえている」と言います。また、治療中の性犯罪加害者に「こういうバッジをつけている人をどう認識するか」と聞くと、多くが「たぶん痴漢をしない」と答えたことから、痴漢行為を許さないと意思表示する人を加害者が避ける認知のパターンを指摘。痴漢抑止バッジをきっかけに少しでも被害が減らせればと願っているとのことです。

受賞5作品

最優秀賞はショタさん(宮崎県立佐土原高等学校 産業デザイン科) さんの「カワいくても許されません」。


第5回痴漢抑止バッジデザインコンテスト 「カワいくても許されません」

 「カワウソ、カワイイ」というダジャレから生まれたというショタさんのデザイン。かわいらしいカワウソがスカートをめくろうとしていますが、「どんな人間でもしていいこととだめなことがある」というコンセプトだそう。「痴漢被害に遭わないため、これ以上痴漢被害を増やさないために、誰でも付けやすい痴漢抑止バッジがもっと広まってくれると嬉しい」という思いが込められている、親しみやすいデザインとなっています。


第5回痴漢抑止バッジデザインコンテスト ハヤカワ五味さんはメッセージの伝わりやすさ、色づかいやかわいさを評価 (C)Hal Photo Works

 審査委員長のハヤカワ五味さんによると、「痴漢抑止には加害者にいかにメッセージを伝えるかが大切で、『痴漢は犯罪です』の文字がハッキリわかるのが重要」といいます。また、スクールバッグは黒やネイビーが多いことから、反対色のオレンジ系が目立ちやすいのもプラスに。かわいいキャラクターでユーザーにも好まれやすく、バッグにつけているイメージがわくと評価しました。

優秀賞:ふぇりこさん(武蔵野美術大学)「NO!!!」


第5回痴漢抑止バッジデザインコンテスト 「NO!!!」

 痴漢に対する不満や怒りを、仁王立ちの女の子のイラストと「NO!!!」の文字で表現した作品。「この缶バッジが少しでも役に立ち、女性たちの心の支えになれば」という気持ちが込められています。

優秀賞:林秀人さん(新潟デザイン専門学校 グラフィックデザイン科)「見逃さない」


第5回痴漢抑止バッジデザインコンテスト 「見逃さない」

 監視カメラを中心に据え、黄色い円と灰色のラインで「警告」を表すデザイン。痴漢を「許さない」「見逃さない」というメッセージが込められています。周囲への注意喚起で被害を未然に防ぎたいとのこと。

特別審査員賞(審査委員長 ハヤカワ五味賞):コモ子さん(中国デザイン専門学校 デザイン高等課程 基礎デザイン科)「監視カメラの警察官は見逃さない」


第5回痴漢抑止バッジデザインコンテスト 「監視カメラの警察官は見逃さない」

 監視カメラと警察官を描くことで、痴漢行為に対して「見られている」「黙認しない」ことを表現。ポップな配色とかわいく目立ちやすい色づかいで、身に着けやすさと痴漢防止の両立をはかりました。

審査員特別賞(痴漢抑止バッジ考案者 たか子賞):波床 美紀さん(大阪情報コンピュータ専門学校 メディアデザイン学科)「みんな見てます。」


第5回痴漢抑止バッジデザインコンテスト 「みんな見てます。」

 たくさんの視線を感じることで、犯罪行為がしづらくなることを狙ったデザイン。痴漢に軽蔑のまなざしを向けるのは、ぶさかわいい雰囲気の動物たちです。


第5回痴漢抑止バッジデザインコンテスト 受賞作品のサンプル。来春には販売がスタート

 受賞作は製品化され、2020年春に発売(550円、税込)。これまでの受賞作は、南海電鉄の駅ナカコンビニ「アンスリー」、OsakaMetro駅構内ローソン、コクミンドラッグ、およびオンラインショップなどで販売されています。

谷町邦子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」