ニュース
» 2019年12月16日 22時10分 公開

公式「?」 ネットミーム「シャミ子が悪いんだよ」が「ネット流行語 100」で表彰されるまでの誰も悪くない半年間を振り返る(1/2 ページ)

伊藤いづもさん「正直お受けしようかかなり迷いました」。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ドワンゴが12月15日、ネットで最もはやった単語を決める「ネット流行語100」発表式をニコニコ生放送で配信しました。年間大賞に「にじさんじ」、pixiv賞に「鬼滅の刃」と順当な単語が選ばれる中、niconico賞にとある単語が選出され会場はざわつきながらも笑顔に包まれます。その単語とは、「シャミ子が悪いんだよ」。

シャミ子が悪いんだよ ネット流行語大賞100 まちカドまぞく 千代田桃 受賞の瞬間(画像はニコニコ生放送から)

 ああ、「まちカドまぞく」作者の伊藤いづもさんが……担当の土居航洋さんが困惑している……そしてシャミ子と桃も困惑している……当事者たちが一番困惑している……何だこの状況……“太陽神”扱いされたときの松岡修造さんを見ている気分だ……。

 こんなにも関係者たちが困惑している理由は、「シャミ子が悪いんだよ」というせりふが原作に一切出てこないため。そう、これはキャラのせりふではなく、ネットミームなのです。

 なぜネットミームがここまで広がり、ついには表彰されるに至ったのか。誕生からの約半年間を振り返ります。

 なお、以前掲載した「シャミ子が悪いんだよ」について紹介した記事では、さまざまな事情から起源についてはあえて言及しませんでした。しかし今回はニコニコで大々的に紹介された上に伊藤いづもさんや起源となったTwitterユーザーもコメントを出すに至ったため、以前よりも詳しい完全ノーカット版で紹介します。

「まちカドまぞく」とは

 「シャミ子が悪いんだよ」の説明の前に、元ネタである「まちカドまぞく」について。

 同作は、芳文社の『まんがタイムきららキャラット』で伊藤いづもさん(@izumo_ito)が2014年から連載中の4コマ漫画が原作。まぞく(魔族)の子孫である吉田優子(シャミ子)と、魔法少女の千代田桃を中心に、不思議な街「多魔市」で繰り広げられる日常が描かれます。

シャミ子が悪いんだよ ネット流行語大賞100 まちカドまぞく 千代田桃 「まちカドまぞく」キービジュアル

 2019年7月にはアニメ化され、全12話で原作2巻の最後までの内容が消化されました。第3巻の内容が非常に濃いため、原作勢からは第2期が期待されています。

 シャミ子は貧困・貧弱・天然とポンコツ3階建てまぞくで、本来敵であるはずの桃に命を助けられたりお金を工面してもらったりと借りを重ねていきます。逆に桃は、貧弱過ぎるシャミ子をかなりスパルタ方式で鍛え始めます。こうして敵対するはずの2人は親交を深めていき、並たいていではないほどの友情が育まれていきました。

 ……育まれすぎた結果、一部の過激な視聴者たちが2人の間に咲き誇る百合の花を垣間見始めてしまいます。正直に言えば筆者にも見えました。すみません。

“シャミ悪”の誕生

 放送中だった8月、とあるTwitterユーザーが1枚の二次創作イラストを投稿します。それは、桃がシャミ子にイケナイことをしようとしているもので、このイラストで桃が放っていたせりふこそが「シャミ子が悪いんだよ」だったのです。



 なお、このイラストの前にも「シャミ子が悪いんだよ」とツイートしていたユーザーもいました。ただし、こちらも同じく桃がシャミ子にイケナイことをしようとしているときに言いそうなせりふとして投稿したものであり、人類の業を感じます。

 では、なぜ二次創作によって生まれた言葉がこんなにも広まりを見せたのでしょうか。それは、「ものすごく原作で言ってそうな感じのするせりふだったから」です。

原作で言ってないだけで言ってる説

 前述の通り桃は逃げ出そうとするシャミ子を鍛えまくるのですが、「ちがうよしかたないんだよ」「町とシャミ子のためだからだよ」と諭すシーンが数多くありました。そんな数多くあるせりふの中の1つとして「シャミ子が悪いんだよ」がありそうな気がして仕方ないのです。

 あまりにも言っていそうな気がするため、ネット上では「原作とアニメで言ってないだけで言ってる」「たまたまそういうシーンが描かれていないだけで言ってる」「言ってるけど原作とアニメでカットされただけ」「言ってないというのは原作者の勝手な解釈」という新解釈が広まる始末です。

 アニメでは鬼頭明里さんが桃の声を担当したのですが、一度アニメを視聴した人であれば脳内再生が余裕でできてしまう謎の説得力があります。こうして「二次創作で百合っぽいことをしているシーンのせりふ」「でも原作でも言っていてもおかしくない自然さ」の2つがいびつな合致を見せ、「シャミ子が悪いんだよ」はネットミームとして1人歩きを始めます。

 どれぐらい1人歩きしているかと言うと、ニコニコ大百科の「シャミ子が悪いんだよ」のページのレス数が「まちカドまぞく」の項目のレス数を超えてしまいました。おかしいやろがい。

 しかし、どれだけ広まったとしてもネットミーム。原作者の伊藤いづもさんは、「シャミ子が悪いんだよ」については長らく言及していませんでした。していなかったのですが……。

時は来た:「ネット流行語 100」ノミネート

 12月3日、ニコニコ大百科公式が「ネット流行語 100」のノミネート単語を発表しました。niconico賞を受賞したということは当然、「シャミ子が悪いんだよ」もノミネート。伊藤いづもさんは「どうして」と電話猫状態になったシャミ子のイラストをTwitterに投稿する形で、ついにこの件に触れました。



 いやね……シャミ子には「これで勝ったと思うなよ〜!」という決めぜりふ的なものがちゃんとあるんですよ……。ほんとどうして……。恐るべし、ネットミーム。さらにこれを受け、鬼頭さんも「シャミ子がわ………わらびもち」と伊藤いづもさんのツイートを引用リツイートしています。だんだんと公式で触れられだす“シャミ悪”。



夢の共演:「ガジェット通信 アニメ流行語大賞2019」銀賞

 ノミネートから3日後、「ガジェット通信 アニメ流行語大賞2019」が発表されました。その結果、「シャミ子が悪いんだよ」はなんと銀賞を受賞してしまいます。どんどん広まる“シャミ悪”。

 この件では、伊藤いづもさんが金賞を受賞した「けものフレンズ2」の“ゴマすりクソバード”ことG・ロードランナーとシャミ子が描かれたイラストを投稿。ネットミーム夢の共演が実現しました。



 ちなみに銅賞に「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」から“イキリ鯖太郎”といういろいろ穏やかじゃない単語が選ばれてしまったのですが、伊藤いづもさんはこちらについては触れていません。優しい。

「ネット流行語 100」発表 〜そして半公式化へ〜

 そして12月15日、「ネット流行語 100」が発表され、「シャミ子が悪いんだよ」はniconico賞を受賞するに至りました。伊藤いづもさんはこの受賞に、シャミ子と桃がトロフィーを手にポカーンと「?」を浮かべているイラストを寄稿しています。ほんと「?」だよ。



 授賞式では、ドワンゴの栗田穣崇さんからまんがタイムきらら編集部の土居航洋さんへ直接トロフィーが手渡されました。土居さんは「複雑ではあるんですけども……」としながらも、「みんなと分かち合いたいと思います」とコメントしています。


シャミ子が悪いんだよ ネット流行語大賞100 まちカドまぞく 千代田桃 若干複雑な思いを語るまんがタイムきらら編集部の土居航洋さん(画像はニコニコ生放送から)

 また、伊藤いづもさんも今回の受賞にコメントしており、「正直お受けしようかかなり迷いました」とやはり困惑気味ではあったものの、「どういう風に皆様がこの言葉を楽しんでくださっているかを知って、謹んでお受けすることにしました」「『原作とアニメで言ってないだけで言ってる』派の方も、『桃はこんな事言わない』派の方も、『作品見てないけどこのセリフは知ってる』派の方も、全員正しくて、みんな悪くないのだと思います」とのこと。このコメントには、「全方向に優しい」「伊藤いづも先生の懐の深さを感じる」といった声が寄せられています。

 さらに、最初に「シャミ子が悪いんだよ」の二次創作イラストを投稿したユーザーも、「伊藤いづも先生の誰にもネガティヴな印象を与えないコメントに膝を打った。こういう人だからこそシャミ子や桃みたいな優しい女の子を描けるんだろうなと感じました」とコメント。



 こうして「シャミ子が悪いんだよ」はその語感に反して誰も悪くない、全てを平和に包み込む2019年のアニメを代表する言葉となりました。おめでとうシャミ子、ありがとう「まちカドまぞく」。こんなにもみんなの心に優しい気持ちが広がっていったのも、シャミ子が悪いんだよ……。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響