ニュース
» 2019年12月16日 22時10分 公開

公式「?」 ネットミーム「シャミ子が悪いんだよ」が「ネット流行語 100」で表彰されるまでの誰も悪くない半年間を振り返る(1/2 ページ)

伊藤いづもさん「正直お受けしようかかなり迷いました」。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ドワンゴが12月15日、ネットで最もはやった単語を決める「ネット流行語100」発表式をニコニコ生放送で配信しました。年間大賞に「にじさんじ」、pixiv賞に「鬼滅の刃」と順当な単語が選ばれる中、niconico賞にとある単語が選出され会場はざわつきながらも笑顔に包まれます。その単語とは、「シャミ子が悪いんだよ」。

シャミ子が悪いんだよ ネット流行語大賞100 まちカドまぞく 千代田桃 受賞の瞬間(画像はニコニコ生放送から)

 ああ、「まちカドまぞく」作者の伊藤いづもさんが……担当の土居航洋さんが困惑している……そしてシャミ子と桃も困惑している……当事者たちが一番困惑している……何だこの状況……“太陽神”扱いされたときの松岡修造さんを見ている気分だ……。

 こんなにも関係者たちが困惑している理由は、「シャミ子が悪いんだよ」というせりふが原作に一切出てこないため。そう、これはキャラのせりふではなく、ネットミームなのです。

 なぜネットミームがここまで広がり、ついには表彰されるに至ったのか。誕生からの約半年間を振り返ります。

 なお、以前掲載した「シャミ子が悪いんだよ」について紹介した記事では、さまざまな事情から起源についてはあえて言及しませんでした。しかし今回はニコニコで大々的に紹介された上に伊藤いづもさんや起源となったTwitterユーザーもコメントを出すに至ったため、以前よりも詳しい完全ノーカット版で紹介します。

「まちカドまぞく」とは

 「シャミ子が悪いんだよ」の説明の前に、元ネタである「まちカドまぞく」について。

 同作は、芳文社の『まんがタイムきららキャラット』で伊藤いづもさん(@izumo_ito)が2014年から連載中の4コマ漫画が原作。まぞく(魔族)の子孫である吉田優子(シャミ子)と、魔法少女の千代田桃を中心に、不思議な街「多魔市」で繰り広げられる日常が描かれます。

シャミ子が悪いんだよ ネット流行語大賞100 まちカドまぞく 千代田桃 「まちカドまぞく」キービジュアル

 2019年7月にはアニメ化され、全12話で原作2巻の最後までの内容が消化されました。第3巻の内容が非常に濃いため、原作勢からは第2期が期待されています。

 シャミ子は貧困・貧弱・天然とポンコツ3階建てまぞくで、本来敵であるはずの桃に命を助けられたりお金を工面してもらったりと借りを重ねていきます。逆に桃は、貧弱過ぎるシャミ子をかなりスパルタ方式で鍛え始めます。こうして敵対するはずの2人は親交を深めていき、並たいていではないほどの友情が育まれていきました。

 ……育まれすぎた結果、一部の過激な視聴者たちが2人の間に咲き誇る百合の花を垣間見始めてしまいます。正直に言えば筆者にも見えました。すみません。

“シャミ悪”の誕生

 放送中だった8月、とあるTwitterユーザーが1枚の二次創作イラストを投稿します。それは、桃がシャミ子にイケナイことをしようとしているもので、このイラストで桃が放っていたせりふこそが「シャミ子が悪いんだよ」だったのです。



 なお、このイラストの前にも「シャミ子が悪いんだよ」とツイートしていたユーザーもいました。ただし、こちらも同じく桃がシャミ子にイケナイことをしようとしているときに言いそうなせりふとして投稿したものであり、人類の業を感じます。

 では、なぜ二次創作によって生まれた言葉がこんなにも広まりを見せたのでしょうか。それは、「ものすごく原作で言ってそうな感じのするせりふだったから」です。

原作で言ってないだけで言ってる説

 前述の通り桃は逃げ出そうとするシャミ子を鍛えまくるのですが、「ちがうよしかたないんだよ」「町とシャミ子のためだからだよ」と諭すシーンが数多くありました。そんな数多くあるせりふの中の1つとして「シャミ子が悪いんだよ」がありそうな気がして仕方ないのです。

 あまりにも言っていそうな気がするため、ネット上では「原作とアニメで言ってないだけで言ってる」「たまたまそういうシーンが描かれていないだけで言ってる」「言ってるけど原作とアニメでカットされただけ」「言ってないというのは原作者の勝手な解釈」という新解釈が広まる始末です。

 アニメでは鬼頭明里さんが桃の声を担当したのですが、一度アニメを視聴した人であれば脳内再生が余裕でできてしまう謎の説得力があります。こうして「二次創作で百合っぽいことをしているシーンのせりふ」「でも原作でも言っていてもおかしくない自然さ」の2つがいびつな合致を見せ、「シャミ子が悪いんだよ」はネットミームとして1人歩きを始めます。

 どれぐらい1人歩きしているかと言うと、ニコニコ大百科の「シャミ子が悪いんだよ」のページのレス数が「まちカドまぞく」の項目のレス数を超えてしまいました。おかしいやろがい。

 しかし、どれだけ広まったとしてもネットミーム。原作者の伊藤いづもさんは、「シャミ子が悪いんだよ」については長らく言及していませんでした。していなかったのですが……。

時は来た:「ネット流行語 100」ノミネート

 12月3日、ニコニコ大百科公式が「ネット流行語 100」のノミネート単語を発表しました。niconico賞を受賞したということは当然、「シャミ子が悪いんだよ」もノミネート。伊藤いづもさんは「どうして」と電話猫状態になったシャミ子のイラストをTwitterに投稿する形で、ついにこの件に触れました。



 いやね……シャミ子には「これで勝ったと思うなよ〜!」という決めぜりふ的なものがちゃんとあるんですよ……。ほんとどうして……。恐るべし、ネットミーム。さらにこれを受け、鬼頭さんも「シャミ子がわ………わらびもち」と伊藤いづもさんのツイートを引用リツイートしています。だんだんと公式で触れられだす“シャミ悪”。



夢の共演:「ガジェット通信 アニメ流行語大賞2019」銀賞

 ノミネートから3日後、「ガジェット通信 アニメ流行語大賞2019」が発表されました。その結果、「シャミ子が悪いんだよ」はなんと銀賞を受賞してしまいます。どんどん広まる“シャミ悪”。

 この件では、伊藤いづもさんが金賞を受賞した「けものフレンズ2」の“ゴマすりクソバード”ことG・ロードランナーとシャミ子が描かれたイラストを投稿。ネットミーム夢の共演が実現しました。



 ちなみに銅賞に「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」から“イキリ鯖太郎”といういろいろ穏やかじゃない単語が選ばれてしまったのですが、伊藤いづもさんはこちらについては触れていません。優しい。

「ネット流行語 100」発表 〜そして半公式化へ〜

 そして12月15日、「ネット流行語 100」が発表され、「シャミ子が悪いんだよ」はniconico賞を受賞するに至りました。伊藤いづもさんはこの受賞に、シャミ子と桃がトロフィーを手にポカーンと「?」を浮かべているイラストを寄稿しています。ほんと「?」だよ。



 授賞式では、ドワンゴの栗田穣崇さんからまんがタイムきらら編集部の土居航洋さんへ直接トロフィーが手渡されました。土居さんは「複雑ではあるんですけども……」としながらも、「みんなと分かち合いたいと思います」とコメントしています。


シャミ子が悪いんだよ ネット流行語大賞100 まちカドまぞく 千代田桃 若干複雑な思いを語るまんがタイムきらら編集部の土居航洋さん(画像はニコニコ生放送から)

 また、伊藤いづもさんも今回の受賞にコメントしており、「正直お受けしようかかなり迷いました」とやはり困惑気味ではあったものの、「どういう風に皆様がこの言葉を楽しんでくださっているかを知って、謹んでお受けすることにしました」「『原作とアニメで言ってないだけで言ってる』派の方も、『桃はこんな事言わない』派の方も、『作品見てないけどこのセリフは知ってる』派の方も、全員正しくて、みんな悪くないのだと思います」とのこと。このコメントには、「全方向に優しい」「伊藤いづも先生の懐の深さを感じる」といった声が寄せられています。

 さらに、最初に「シャミ子が悪いんだよ」の二次創作イラストを投稿したユーザーも、「伊藤いづも先生の誰にもネガティヴな印象を与えないコメントに膝を打った。こういう人だからこそシャミ子や桃みたいな優しい女の子を描けるんだろうなと感じました」とコメント。



 こうして「シャミ子が悪いんだよ」はその語感に反して誰も悪くない、全てを平和に包み込む2019年のアニメを代表する言葉となりました。おめでとうシャミ子、ありがとう「まちカドまぞく」。こんなにもみんなの心に優しい気持ちが広がっていったのも、シャミ子が悪いんだよ……。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」