ニュース
» 2019年12月17日 17時00分 公開

森永卓郎が選ぶ〜年末総決算“アウト”アワード2019 部門別“アウトの人”は?

2019年、悪い意味で注目を集めた人、アウトだった人もいる。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

「垣花正 あなたとハッピー!」(12月11日放送)に経済アナリストの森永卓郎が出演。2019年活躍した人、活躍が裏目に出た人、話題になった人、悪い意味で注目を集めた人、アウトだった人もたくさんいる。ここでは森永卓郎が今年、最もアウトだった人をジャンル別に選出する。

フォト 新元号を発表する菅義偉官房長官=2019年4月1日午前、首相官邸 写真提供:産経新聞社

政治部門での“アウト”は菅義偉官房長官

政治部門のアウト大賞は、菅義偉官房長官です。菅さんは天国から地獄に落ちました。天国は「令和」という額縁を出したときで、令和おじさんとして大人気でした。小泉進次郎さんが結婚を真っ先に報告したのは、菅官房長官でした。当時、進次郎さんは自民党の役職に就いていたので、上司は二階さんでしたが、二階さんではなく菅さんのところに行きました。「次期総理は菅義偉で決まった」と取ったのでしょう。

フォト 自民党・小泉進次郎と滝川クリステルが結婚&妊娠を公表  写真提供:産経新聞社

人気の「令和おじさん」から地獄へ

その後、不幸が続きます。菅原経産大臣や河井法務大臣が、次々に辞任しました。頼みの綱である環境大臣の小泉さんも、環境問題の「セクシー発言」で失速しました。菅さんご本人というより、周りが足を引っ張っている状況です。

フォト 「桜を見る会」で安倍晋三首相、昭恵夫人と記念撮影する招かれた人たち=2019年4月13日午前、東京・新宿御苑 写真提供:産経新聞社

「桜を見る会」では安倍総理に代わって矢面に

そして、最後が安倍総理です。「桜を見る会」の現場で菅さんは大人気だったのですが、国会で散々追及を受けて、菅さんが「私が最終責任者です」と言ったので、本当は安倍総理なのに答弁ができません。「桜を見る会」の追及は、安倍総理への追及のように見えますが、矢面に立って苦し紛れに答弁を続けているのは菅官房長官です。菅官房長官は、いままでは役人の助言を一切聞かずに答弁をして来たのに、答弁に窮して囁き女将のような役を受けざるを得なくなりました。ストーンと落ちてしまいましたね。

フォト ヤフーのZOZO買収で記者会見し、ポーズをとる(左から)ヤフーの川辺健太郎社長、ZOZOの沢田宏太郎社長、前沢友作前社長=2019年9月12日午後、東京都内 写真提供:共同通信社

社会部門での“アウト”はZOZOTOWN元社長・前澤友作氏

前澤友作さんの選考理由は、品がないからです。金持ちをひけらかして、100万円を1億円分プレゼントするとか。先日は預金通帳を公開して、1000億円を超えるとコンマがなくなるなどと言っています。そんな情報に何の意味があるのでしょうか? 剛力彩芽さんをあれだけ振り回しておいて、1000億円も持っているのであれば、手切れ金を100億円くらい払えばいいではないですか。剛力彩芽さんは前澤社長と付き合ったせいで、レギュラー番組、CMを失い損害が出ています。彼女は損害賠償の「そ」の字も出さずに、「私の気持ちは少しは残っている」と番組で言ったそうです。そこまで心を弄んでおいて、ふざけるんじゃないよと。この怒りの98%は嫉妬ですが(笑)。

フォト 【沢尻エリカ容疑者逮捕】湾岸署に入る沢尻エリカ容疑者を乗せたとみられる車=2019年11月16日 東京湾岸警察署 写真提供:産経新聞社

芸能界部門の“アウト”は沢尻エリカさん

史上最大のバカだと思います。事件によって、NHKの大河ドラマが撮り直しになりました。損害賠償請求がNHKだけでなく、CMなどからも出ています。損害賠償請求をすべて合わせると、史上最高額の20億円と言われています。そうなると、事務所の取り分以外の半分は沢尻さんの支払いとなりますから、10億円を払わないといけません。一生を棒に振っただけでなく、自分の周りの友達、あるいは取引先を道連れにしました。10億円払わなければいけないとわかっていたら、MDMAを吸うのとどちらがいいかという話です。弁護士の戦略は検査が陰性だったので、使用を否定するということだと思います。そうすると、彼女は依存症で「病気の部分もあったから」と同情している人たちすら、敵に回すことになります。今後、沢尻さんは悪女役で仕事をするしかないでしょう。「悪女エリカ」に改名した方がいいですね。

垣花正 あなたとハッピー!

FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30


radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」