ニュース
» 2019年12月21日 11時20分 公開

実写映画「るろうに剣心」最終章に武井咲、青木崇高、蒼井優が続投 ファン「お帰りなさい」「待ってました!」

夏はるろ剣だ。

[コンタケ,ねとらぼ]

 実写映画「るろうに剣心」最終章のキャストが公開されました。主演の緋村剣心役は佐藤健さん、神谷薫役の武井咲さん、喧嘩屋の相楽左之助役の青木崇高さん、女医の高荷恵役の蒼井優さんの続投が決定、さらに明神弥彦役に大西利空さんが初参加となります。併せて公開されたビジュアルでは、神谷道場で5人が笑顔を浮かべています。


るろうに剣心 最終章 キャスト 武井咲、青木崇高、蒼井優 佐藤健 新たに公開されたビジュアル

るろうに剣心 最終章 キャスト 武井咲、青木崇高、蒼井優 佐藤健 「るろうに剣心」ティーザービジュアル

シリーズダイジェスト映像

 「るろうに剣心」は、『週刊少年ジャンプ』などで和月伸宏さんが連載している漫画が原作。かつて“人斬り抜刀斎”と恐れられた緋村剣心が仲間たちとの出会いを通じで自分の生き方を模索していく物語です。

 今回発表された最終章は、7月3日公開の「The Final」と8月7日公開の「The Beginning」の2本立て。「The Final」では縁(えにし)との戦いを、「The Beginning」では剣心の過去と十字傷の秘密が描かれます。

 今回のキャスト続投の知らせにファンからは、「待ってましたーーー!」「めちゃめちゃ楽しみです」「懐かしい面々で、本当に嬉しいです」「早くみなさんと会いたいです」と期待を寄せる声が多数寄せられています。

 キャストコメントは、以下の通り。

神谷薫役:武井咲さん

撮影について

久しぶりの「るろうに剣心」の撮影ということで、緊張していましたが、現場に入るとブランクを感じずに、不思議と一作目から続いているような気持ちになりました。神谷道場のメンバーが本当の家族のような雰囲気で撮影できたので、とても感動しましたし嬉しかったです。1作目のときは当時17歳でしたのでとても緊張していて、皆さんについていかなくては、という一心でしたが、大友監督が、最終章では剣心の過去を知って薫が成長していく姿は、今の私の年齢だから演じることができる、とお話してくださり、とても安心しました。これまでとは違うスタンスで、新たな「るろうに剣心」の現場を楽しめたと思います

佐藤健さんについて

本当に大変なアクションがたくさんあるので、体力的に大変だったと思います。ただ、薫から見ても剣心にしか見えない健さんがいたので、そこは本当に嬉しかったです。「るろうに剣心」ファンとしても(笑)

相楽左之助役:青木崇高さん

神谷道場のメンバーについて

一作目から変わらず、命を張ってでも守りたい仲間です

撮影を振り返って

「るろうに剣心」の現場は、監督を中心に役者や色々なスタッフがお互い挑発しあっている様に感じます。「ここで諦めたら駄目、こういう時だからこそどうプラスに展開させていくのか」をプライドを持って取り組んでいます。そうすると「辛い」と思っていても「やるぞ」ってなります。とても成長させてもらいました。絶対に最高傑作になっていると思います。そんな作品に自分の出せるものを全部出せて、引き上げてもらい、いい意味で追い込めたと思います。

佐藤健さんについて

これだけのスタッフ・キャストの真ん中に立っている彼にしか感じられない気持ちは計り知れないですが、それを立派にやり遂げたことは本当に本当にかっこいいと思いました。

高荷恵役:蒼井優さん

撮影現場を振り返って

5年の経過があるので皆微妙に変化しているのですが、フォーメーションを組んだときの形が一緒で懐かしいです。帰ってきたというより、タイムスリップした感覚でしたね。前回のエンディングから続きが始まったように感じました。今作では、薫が剣心の過去を知り、そして薫が成長したことによって、それに合わせて皆も少しずつ成長しているのかなと感じます。

5年ぶりの製作決定に際して

また始まるんだ。あんなに大変な思いをしたのに、皆元気だなと思いました(笑)。でも、お客様のお陰だと思いますし、すごいことだと思います。5 年ぶりでも、お客様が待っていて下さるという希望があるのはすごいと思います。

明神弥彦役:大西利空さん

オーディションに受かり出演が決まったことについて

前作も観ていたので、受かったときはとても嬉しかったです。赤べこのセットも大きく驚きましたし、とても感動しました。

撮影でのエピソード

行く度に身長がのびていたので、衣裳部屋に入ると「え!弥彦またでかくなった!?」と毎回言われました(笑)


(C)和月伸宏/集英社
(C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」