コミカライズを自ら提案、Kindleで配信。月に84万円売れました──ナカシマ723さんに聞く「だから今、やるしかないんです」(2/4 ページ)

» 2019年12月20日 11時00分 公開
[堀田純司ねとらぼ]

――「パクツイBOTスレイヤー」が注目を集めて、さらに「壁ドン」イラストの無断転載で、まとめサイトを訴えて勝ってしまった(関連記事:イラスト無断転載、まとめサイトに30万円の賠償命じる判決 「VIPPER速報」「ガールズVIPまとめ」など訴えた注目裁判が決着)。その賠償金を元手にして、「勇者のクズ」の連載をはじめたそうですが、もともと「これで勝って、描きたいマンガを描こう」ということだったのでしょうか。

 いや、アカウントを凍結することはできるだろうけれども。お金を取れると思ってやっていたわけではないです。ただ無断転載について調べていったら、Twitterのアカウントだけではなく、まとめサイトにも転載されていたんですね。

 Twitterとは違って、まとめブログの場合は、イラストを掲載したページから広告収入を得ている。こうしたケースでは、商業利用ではないという言い訳はできないだろう。訴えたら勝てるんじゃないかって思って、やってみたという感じだったんです。

フォト 勇者のクズ」1巻より

――では、まとめサイトの件がなくとも、「勇者のクズ」の連載は実現したいと考えていたということですか。

 そうです。連載は、お金ができたらやろうとは考えていたことで、もともとは「こつこつ貯金するしかないだろう」と思っていました。

――自分のオリジナルストーリーを描いてみたい、とは考えていなかったのでしょうか?

 やってみたい連載は考えてたんですけど、考えてたころに、「勇者のクズ」の原作に会ってしまって。「これは、今やらないとできないものだ」と感じたんですよ。

――出会ってしまいましたか。

 はい、出会ってしまいました。

 「勇者のクズ」とは、もともとロケット商会さんがネット上に公開していた小説(カクヨムの公開ページ)。『お金持ちのヤクザが「魔王」と化し、彼らを殺す商売が「勇者」として合法化した現代社会。ビールとピザと、友達とのカードゲームを愛するチンピラ勇者・ヤシロは、三人の勇者志願の女子高生と出会う』ところから始まる物語。ごく少ない人たちの間で「めちゃくちゃ面白い」と共有されていた段階から、ナカシマさんは読んでいた。

 同作は2016年、KADOKAWAが主催する「第1回カクヨムWeb小説コンテスト」で「現代アクション部門」の大賞を受賞。カドカワBOOKSとして書籍化されることになる。


――ナカシマさんは「勇者のクズ」のどこに、ぐっと来たのでしょうか?

 それは、マンガを読んでほしい。マンガでしか表現できないから、やってるところがあるので……。つまり、なんか言葉にするのは恥ずかしいのですけど……。

 やっぱり主人公のヤシロがかっこいいんですよね。かわいいんですよ、こいつが。描いてみたいと思ったのは、やっぱり主人公のかっこよさですね。

フォト Kindleストアでは「勇者のクズ」1巻のネーム版も公開されている

 広まって、賞に応募してという過程を見ていて、「今、ここで飛びつかなかったら、他の人がコミカライズするとか、そういうこともありうる」と思って。「今、ここで自分がやりたいっていわないと、できないだろう」っていうのは感じていたので。

 それで、受賞した翌日ぐらいだったかな。その時点でロケット商会さんとはTwitterで相互フォローにはなっていたので、DMで「コミカライズをやりたい」と連絡したんです。

 受賞が発表されたのが6月。ナカシマさんは7月の上旬には、もうネームを出版社に持ち込んでいたそうです。

 小説の編集者と打ち合わせを行い、マンガ版も実現に向けて動く話が進んだ。しかし原作小説は1巻が出た後、続巻未定となり、コミカライズ企画もまた進行が止まってしまう。作家、編集者。個人がどれだけ続けたいと思ってもこうしたことがあるのは商業出版の宿命ではある。

 しかしここで思い出していただきたいのは、ナカシマさんが、SNSを使ってフリーランスとして仕事を始めたり、作家に直接自分からコミカライズを提案したりしてきた人であること。自分の道は、自分でつくる人なのだ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評