コミカライズを自ら提案、Kindleで配信。月に84万円売れました──ナカシマ723さんに聞く「だから今、やるしかないんです」(4/4 ページ)

» 2019年12月20日 11時00分 公開
[堀田純司ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       

――勢いだけではじめてしまうと……。

 行き当たりばったりだと、途中で止まってしまいますよね。だから「真面目にそろばんはじいてやっていかないとな」と考えていました。

「とにかくこつこつお金を貯めて」と思っていましたけど、そこに無断転載の件で思いのほかお金が入ったので「もうさっさとやってしまおう」と。

――思い入れだけで突っ走って倒れてしまうのではなく、ちゃんと事前に「これで食べて行ける」という目算を立てる。そういうところは、今どきのヒーローな感じがしますね。

 そうです。「勇者のクズ」の主人公のヤシロも「突っ込んでいくことが勇者ではない。魔王を倒すために算段をつけて、なにを準備していくか。それが勇者の本領なんだ」と言っています。こいつはプロなので。

 ドラクエでも、ボス戦に挑む前は、みんな適当じゃなくて、一応、レベルを上げて装備をきちんと用意して挑むでしょう? なんだったら、情報サイトの攻略情報が、一番、重要ですからね。情報戦、情報が大事なんです。そういう話です。

――確かにです。ゲームであれば、どんな些細な可能性も追求し、きちんと情報を調べる。失敗して立ち上がる不屈の闘志を持つ人間なのに、自分などはなぜか現実では怠けたりして言い訳ばかりです。でも、リアルもゲームと同じように挑めばいいんですね。

 攻略です。「環境」という魔王を理解して、攻略することです。

 コミカライズをインディーズ連載するだけの元手も手に入った。その当時の2018年、7月、ちょうど折りよく、Amazonが運営するマンガの個人公開プラットフォーム「Kindleインディーズマンガ」が始まっていた。これはAmazonが提供する基金が、読まれたページごとに分配される仕組み。読者は無料で読むことができます。あえて言えば、大富豪のスポンサーが自費で賞品を出して運営する、競技会のようなシステムでした。

 バトルロイヤルじゃないですけど、まあ、殴り合いですね。あれもちょうどタイミングが良くて、「Kindleインディーズマンガ」の仕様をちょっと一通り見たときに、「これに初手から参入してくるビッグネームは多くない」って思ったんですよ。データを作る用のソフトが、めちゃくちゃ使いづらいですから。「狙い目だ」と思って入りました。

 ほかにもニコニコ静画などでも無料公開して、こちらのフォロワー数もすぐに1万を超えました。だから作品自体の感触としては「これはなんとか成立するんじゃないかな」とは思っていましたけど、ただマネタイズとしては、Kindleインディーズマンガがなかったら、紙の本を出すことは難しかったでしょう。そのときはたぶんクラウドファンディングで、紙の本や続巻の制作費なりを獲得しようとしていたと思います。

公開された「勇者のクズ」は、月あたりピークで84万円の分配金を獲得。2019年11月までで328万5233円の収益を上げる。

ナカシマさんはインディーズマンガでの無料公開後、連載によってたまった原稿を電子書籍版の単行本として販売。さらに、インディーズマンガの分配金を投入して、紙の単行本も出版した。

328万円の売り上げを多いと思うかどうか人それぞれでしょう。しかし印税10%とすると、これは600円の単行本を5万4000部売らないと達成できない数字。この数字は、今どきの出版界であれば、すでに十分大きなヒットといえます。


――SNS強者や、もともと商業で名前のある人だけではなく、無名でもおもしろいマンガを描いたら猛者と戦える環境でもあるそうですね。しかし、それはそれでプラットフォームのシステムに依存している。運営が、規約を変えたら、すぐに立ち行かなくなると言う人もいませんか。

 変わる前に、ぶっこめばいいんですよ、それは。変わる可能性はいつでもあります。来月変わるかもしれない。だからこそ考えていたらできないですよ。今、やるしかないんです。

――腕に覚えがある人が参入して、ランカーたちがお金をぶんどっていく。出版社に原稿を買ってもらうのとは違って、賞金稼ぎみたいな感じですね。

 そういうのが、私には合ってるんだと思います。来年も基金の分配があるのか、それとも賞に応募して、賞金をメインにしていく感じになるのか、分からない。そもそもKindleインディーズマンガが続いているのかもわからないですけど、ただ奪い取り方式が、私はありがたいですね。成果報酬のほうが。

 次回後編では「紙はやっぱり儲からない」というリアルと、これからマンガを描く人、原作やプロデュース志望の人に向けたアドバイスを。

photo

堀田純司 大阪生まれ。作家。主な著書に「僕とツンデレとハイデガー」「オッサンフォー」、シナリオを担当した「まんがでわかる妻のトリセツ」(以上講談社)、「メジャーを生み出す マーケティングを超えるクリエーター」(KADOKAWA)、編著に「ガンダムUC証言集」(KADOKAWA)などがある。日本漫画家協会員。Twitter @h_taj


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評