ニュース
» 2019年12月23日 16時00分 公開

最高速度412キロ、驚異の1900馬力オーバー! ハイパーEV「Rimac C_Two」市販モデルが2020年のジュネーブモーターショーで世界初披露へ (1/2)

リマックといえば、元「トップ・ギア」司会者がクラッシュしたじゃじゃ馬マシンでもあります。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 クロアチアのEVメーカー「リマック」は、新型ハイパーカー「Rimac C_Two」(仮称)の最新プロトタイプを公開しました。量産車は2020年のジュネーブモーターショーでお披露目され、同時に正式名称も発表される予定です。

リマック EV C_Two Rimac C_Two(写真:リマック、以下同)

 リマックは高級スポーツEV専門の新興メーカーで、創業者が壊れた古いBMWを自力でEVに改造して遊び始めたことからスタートしたというユニークな成り立ちのメーカーです。

 2013年に作られた最初のコンセプトカー「Rimax Concept One」は1200馬力を超えるモンスターマシン。元「トップ・ギア」司会者のひとりであるリチャード・ハモンドさんが、Amazonの番組「グランド・ツアー」の収録中に大クラッシュ、大破してしまったクルマとしても知られています。それだけ強力なじゃじゃ馬マシンだったということでしょう。

リマック EV C_Two C_Twoの最新プロトタイプ

 Concept Oneを超える新たなハイパーEVとして開発中のC_Twoは、初代の最終バージョン(コンセプトS)からさらに500馬力以上アップした1914馬力の最高出力、そして2300Nmのトルクを誇ります。

 静止状態から時速60マイル(約100キロ)まで、わずか1.85秒で達する驚異的な加速力を誇り、最高速度は412キロを記録しているそうです。

 EVの性質上、ガソリンエンジン車よりも瞬時にトルクが立ち上がるので強烈な加速ができるというのはよく知られていますが、テスラの最新モデル「Cybertruck」の最大トルクは1356Nm、C_Twoに近いジャンルのEVハイパーカーである「ロータス・エヴァイヤ」でも1700Nmです。C_TwoはEVの中でもさらに異次元の加速を見せてくれそうです。

リマック EV C_Two 乗り込む時の眺めはこんな感じ? まさにスーパーカー
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」