ニュース
» 2019年12月22日 17時32分 公開

「もう…最高じゃないですか…」 「おっさんずラブ」吉田鋼太郎&田中圭、世界線を超えて恋愛成就したラブラブ2ショット (1/2)

【ネタバレあり】ようやく愛の終着地に着陸したようです。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(テレビ朝日系)で機長の黒澤武蔵キャプテン役を演じている吉田鋼太郎さんが12月22日、「武蔵の部屋」公式Instagramで春田創一役の田中圭さんとの2ショットを公開。2人は最終回で結ばれており、ファンからは「機長!! おめでとうございまーす お幸せに〜」と祝福する声が相次いでいます。

おっさんずラブ inthesky はるたん 黒澤武蔵 最終回 続編 春田と黒澤キャプテンの幸せそうな2ショット(画像は「武蔵の部屋」Instagramから)

 2018年4月から6月まで放送の「天空不動産」を舞台にしたシーズン1では、長年連れ添った妻と離婚し、部下である春田創一へひたむきな愛を注ぎ続けたものの結局は振られてしまった黒澤武蔵部長。シーズン2では別の世界線という設定のもと「天空ピーチエアライン」を舞台に、黒澤は再び春田に対して恋心を抱きます。しかし黒澤が春田に愛を告白した頃、春田は副機長の成瀬竜(千葉雄大さん)に思いを寄せるように。一方で成瀬は春田に思いを寄せている四宮要(戸次重幸さん)を好きである自分に気付き、四宮は以前から春田に恋しているという複雑な四角関係が描かれました。

おっさんずラブ inthesky はるたん 黒澤武蔵 最終回 続編 シーズン1での春田と黒澤部長。部長、本当によかった……!(画像は「おっさんずラブ」Instagramから)

 21日に放送された最終回で、成瀬への思いに決着をつけ、機長を引退することになった黒澤への気持ちに気付く春田。引退日当日、黒澤をヘリポートに呼び出して「俺はキャプテンが好きです。俺は離れたくないんです。キャプテンがいない毎日なんか考えられません」と告白します。以前に振られていたために春田の告白が信じられない黒澤は「ウソだー! 絶対にウソだー!!」と状況を認められないものの、春田に「キャプテンのこと好きになってもいいですか?」と問われると悩んだ末に承諾。春田を抱きしめて、シーズン1での春田の愛称“はるたん”をシーズン2では初めて口に出して囁いたのでした。黒澤キャプテンの中に黒澤部長が生きてるのかな。

おっさんずラブ inthesky はるたん 黒澤武蔵 最終回 続編 四宮、黒澤キャプテン、春田、成瀬の4ショット(画像は「武蔵の部屋」Instagramから)

 黒澤キャプテンは「一緒に幸せを見つけたいと言ってくれた」「そんなのって奇跡じゃないか」という言葉を添えて、笑顔で春田に見つめられている2ショットを公開。「はるたん ああなぜだろう ずっとそう呼びたかった気がする」とシーズン1からのファンが思わず涙しそうな言葉もコメントし、ファンからは「はるたん呼び久々で感激しました お幸せに〜」「はるたん呼びは泣いたよかったね」と感激する声も。また、「もう…最高じゃないですか…末永く幸せになってください!!!」「嬉しすぎて泣きます」と感動する声も寄せられています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」