ニュース
» 2019年12月23日 20時39分 公開

ブラック企業大賞2019、大賞は2年連続で三菱電機 「あまりに異常」「二度目の大賞を与える企業が生まれてしまったことに激しい怒り」

特別賞は電通、セブン-イレブン・ジャパンがダブル受賞。

[ねとらぼ]

 その年もっともブラックだった企業を選ぶ「ブラック企業大賞」の授賞式が12月23日に行われ、三菱電機が2年連続で大賞を受賞しました。また、子会社であるメルコセミコンダクタエンジニアリングも連名で受賞しています。


ブラック企業大賞 ブラック企業大賞(生中継ページ

 三菱電機を巡っては2014年以降、社員が自死したり精神障害を発症したりするケースが多発しており、2018年には「ブラック企業大賞2018」の大賞を受賞(関連記事)。にもかかわらず、2019年8月には20代の男性新入社員の自死がまたも発生し、当時教育主任だった30代の男性社員が自殺教唆の疑いで書類送検されています。さらに、自死の現場には教育主任から「死ね」と言われたことなどを書いたメモが残されていたとの報道も。

 こうした一連の出来事について実行委員会は、「あまりに異常なことが起こっている」「二度目の大賞を与える企業が生まれてしまったことに激しい怒りと悲しみを覚える」とコメント。こうした経緯を受け、三菱電機および、子会社であるメルコセミコンダクタエンジニアリングが2年連続での「ブラック企業大賞」受賞となりました。


ブラック企業大賞 腕を組みながら賞状を受け取る代理人(受賞企業は欠席することが多く、代理人が賞状を受け取るのが恒例)

ブラック企業大賞 大賞発表の瞬間

 その他、ウェブ投票賞は楽天、特別賞は電通とセブン-イレブン・ジャパンがそれぞれ受賞。また#MeToo賞は長崎市に贈られました。また、発表会が中継されていたニコニコ生放送のアンケートではセブン-イレブン・ジャパンが圧倒的、次いで電通という順位になっていました。

画像はニコニコ生放送より




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.