ニュース
» 2019年12月24日 15時00分 公開

エサの与えられすぎとナデられすぎが原因 英外務省で働く猫のパーマストン、体調不良による休職期間を終え復帰(1/2 ページ)

待ってたよ〜!

[かのん,ねとらぼ]

 体調不良で休職していた英外務省の「ネズミ捕獲長」の猫ちゃんが無事に復職しました!



 2016年から英外務省の「ネズミ捕獲長」という正式な役職に就いている猫の「パーマストン」。2018年には首相官邸の猫「ラリー」と激しい縄張り争いを繰り広げたことで世間を騒がせました。

 立派にお仕事をこなしていたパーマストンですが、職員からエサを与えられすぎたことやナデられすぎたことが原因とみられる過食やストレスの症状で体調を崩し、およそ5カ月間休職していました。

 その後、体調が戻り12月には復職を果たしたパーマストンですが、それに伴い外務省はパーマストンの体調が再び悪化することを防ぐため、4カ条からなる「パーマストン・プロトコル(規則)」を制定しました。



 その内容は「専属お世話係以外はパーマストンに食べ物を与えないこと」「パーマストンのペースで交流すること」「事務次官の部屋(司令部)にいるときはそっとしておくこと」「“パーマストン・ゾーン”と呼ばれる境界からパーマストンが出ないか見守ること」。

 これら全てはパーマストンが心身ともに健康に任務を全うできるようにするためのもの。復職後は元気に過ごしているそうですが、これからも周りの協力のもと、無理をしないようにお仕事をしていってほしいですね。

 パーマストンの公式Twitterでは、お休み期間中の姿も含めて、かわいい姿がたくさん見られます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む