メディア
ニュース
» 2019年12月24日 17時30分 公開

マツダ「東京オートサロン」出展概要を発表 「CX-30」日本初公開のカスタムモデル、レーシーな「マツダモータースポーツコンセプト」など披露 (1/2)

MAZDA3やロードスターには「マツダモータースポーツコンセプト」が公開予定。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 マツダは2019年1月10日から幕張メッセで行われる「東京オートサロン2020」と、2月にインテックス大阪で行われる「大阪オートメッセ2020」の出展内容を発表しました。日本初公開モデルやコンセプトカーなど計13台を展示します。

MAZDA CX-30 SIGNATURE STYLE(写真:マツダ、以下同) MAZDA CX-30 SIGNATURE STYLE(写真:マツダ、以下同)

 東京オートサロン2020の注目モデルは、2019年10月に発売したばかりの新型SUV「CX-30」をベースにしたコンセプトカー「CX-30 SIGNATURE STYLE」です。

 CX-30は、マツダのミドルクラスSUV「CX-5」とコンパクトSUV「CX-3」の間を埋めるSUV。日本初公開の「CX-30 SIGNATURE STYLE」は、CX-30にアンダーガーニッシュやルーフスポイラー、マツダオリジナル切削アルミホイールを採用することで、SUVの力を表現した仕様です。

 会場には2台のCX-30 SIGNATURE STYLEを用意して、それぞれ違う特別架装を施したモデルを展示。ほかにもSUV「CX-5」「CX-8」の純正オプションカスタマイズ版も公開されます。

MAZDA CX-5 TOUGH-SPORT STYLE MAZDA CX-5 TOUGH-SPORT STYLE

 さらに、マツダは今回のオートサロンのために「マツダモータースポーツコンセプト」と呼ばれるカスタムコンセプトカーも披露します。

 マツダモータースポーツコンセプトは、「MAZDA3」や「ロードスターNR-A」「CX-5」を、モータースポーツをイメージしたカスタムを施したモデル。レーシングカーを連想させるボディデカールが貼られたエクステリアには、ステンレスマフラーや車高調整式サスペンションなどが装着され、スパルタンな雰囲気に仕上げられています。

MAZDA MOTORSPORTS CONCEPT MAZDA MOTORSPORTS CONCEPT

 このほかに、国内唯一の耐久レースシリーズ「ピレリスーパー耐久シリーズ」に参戦した「ロードスター」や「デミオ」の展示。CX-30開発者によるトークセッションなどの企画も予定しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.