ニュース
» 2019年12月25日 12時50分 公開

すみだ水族館スタッフによる恋愛相談がユニーク 「ホストに恋して1000万円使いました」→「魚と飼育スタッフの関係に似ている気がします」

すみだ水族館に話を聞きました。

[ねとらぼ]

 「ホストとお客さん、魚たちと飼育スタッフの関係って似ている気がします」――東京スカイツリータウン「すみだ水族館」の恋愛相談企画が、飼育スタッフならではのユニークな回答で話題です。




 すみだ水族館では、アンケートに恋のお悩みを記入すると、飼育スタッフのアドバイスが館内に張り出される「恋愛相談」を2020年2月ごろまで実施しています。こちらの企画に寄せられた1件の相談がTwitterで紹介され、「重すぎる」「クラゲ担当いいこと言う」と注目を集めました。

 その相談とは、29歳女性の「ホストに恋をしてしまいました。1000万円使っても好きになってもらえません。どうしたらいいでしょうか…」というもの。まるで光の届かない深海のように闇が深い内容ですが、水族館スタッフは見事に切り返します。

 「ホストとお客さん、魚たちと飼育スタッフの関係って似ている気がします。私たちは愛情をもって魚たちのお世話をしていますが、魚にとって私たちは『ゴハンをくれる人』と認識されています。それでも私たちは一生懸命お世話をします。好きだから。要するに、見返りを求めてはいけないということですね。――クラゲ担当」

 日夜生き物に愛を注いでいる飼育スタッフの言葉だからこそ、「見返りを求めてはいけない」という一文に説得力があります。ねとらぼでは、すみだ水族館の広報にお話を聞きました。


すみだ水族館では「雪とクラゲ」をテーマにしたイベントも開催中(2月27日まで)

――話題の恋愛相談は具体的にどのような企画ですか?

 「飼育スタッフの恋愛相談コーナー」として、来館されたお客さまの恋愛を応援する冬季限定企画です。館内で募集したお客さまの恋の悩みに飼育スタッフならではの回答を行います。

――来場者の評判はいかがですか?

 ご友人同士やカップルなど、恋愛相談コーナーの掲示板をご覧いただいている方々が多い印象ですし、実際に相談を記入いただいている姿もよくお見かけします。たくさんのお客さまにお楽しみいただきありがたく思っております。

――それでは飼育スタッフさんの反応はいかがですか? また回答者はどのように決めているのでしょうか?

 今回たまたまSNSで多くのお客さまにご覧いただいたことで、飼育スタッフたちもとても驚いています。回答には飼育スタッフ全員でお答えしているため、どの恋愛相談に誰が回答するかはランダムに決定しています。

――「お客さまの恋愛を応援」とのことですが、他にも実施している企画はありますか?

 水族館で楽しめるオリジナルの恋愛シミュレーションゲーム「ミズイロノトキメキ」を2020年2月16日まで開催しています。

 お手持ちのスマホとイヤホンを使用して、2人1組でお楽しみいただけます。音声ガイドに従って館内のミッションをクリアしていくと、2人の距離がより縮んでいく内容です。冬の水族館デートをもっと楽しんでいただくために企画いたしました。


恋愛シミュレーションゲーム「ミズイロノトキメキ」(2月16日まで)



 なお、運営元(オリックス不動産)を同じくする京都水族館でも、2018年冬に同様の恋愛相談企画を行い話題となりました(関連記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン