インタビュー
» 2020年02月17日 20時00分 公開

翌朝まで続く「社長が怒鳴り散らす会議」、参加必須のセミナーで「母親の悪口を叫び合う」 パワハラで転職したら、次の職場もヤバかった話 (2/3)

[ねとらぼ]

「二人一組になって自分の母親の悪口を叫び合う」「周りは皆泣きながらやってましたよ」



 それから「二人一組になって自分の母親の悪口を叫び合う」というのもありました。「何で○○してくれなかったんだ!」と自分で考えて怒鳴るんです。私のペアはお互いシラけていて小声で「ヤバくない?」と言い合っていたのですが、周りは皆泣きながらやってましたよ。

―― そんなにのめりこめるものなんでしょうか

 たぶん感情を操作するためだと思うんですが、照明を暗くしたり音楽を流したりしてましたね。

 おまけに、最後には「照明が暗くなって、振り向くと自分の上司や同僚が立っていて、お花がもらえる」という演出まであって。「あなたはすごいことを達成したんだよ」と思わせる目的なんでしょうね。私は「サボらなくてよかった」と思いました。

―― もし行かなかったら、そこでバレていたわけですか

 で、こういった経験をした結果、「この職場ムリだな」って……。

 私、スーパーの仕事自体は嫌いじゃないんですよ。ほぼ毎日同じことの繰り返しで、飽きてしまうところもあるけど、お客さんと話をするのは楽しかったりしますし。

 ただ私が就職したスーパーは2件とも、人間関係というか思想というか……仕事そのものとはあまり関係ないところが合わなくて。

 そんなにたくさんの会社に就職できるわけではないから、働いてると外の世界ってよく分からないじゃないですか。「世の中では、こういうの当たり前なのだろうか」と考えると、苦しかったですね。

―― ちなみに、今はどんなお仕事を?

 スーパーで働く前はライターなどの仕事がしたかったのですが、今は都内のIT企業でWeb制作などをしています。やりたいことには近づけていると思います。

 これまでの職場と比べると……それはまあ、快適ですよね。

※本記事は取材対象者の声をそのまま記事化したものです。当該業界、職種などの労働環境一般を説明するものではありません。

あなたの仕事のグチ、聞かせてください

 本企画では、読者の皆さまの仕事のグチを募集しています。

  • ウチの業界のこの慣習、おかしい気がする
  • こういうブラックなところが変わってくれたら嬉しい
  • こんな理不尽、他の業界にもある?

 などを取材させていただける方、ねとらぼTwitterアカウントからDMにてご連絡いただけますと幸いです。

※謝礼等のお支払いはしておりません

※特定の企業・人物の告発を目的とした記事ではなく、個人名、企業名などは掲載しない方針です

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」