メディア
ニュース
» 2019年12月26日 12時30分 公開

ダイハツが新型車「TAFT」オートサロンで初披露 「怖い顔カスタムの軽」も…… (1/2)

メーカー純正カスタムした「怖い顔」「ミクさん仕様」「やんちゃ丸出し」だなんて……。楽しそう。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 ダイハツ工業(以下、ダイハツ)が2020年1月10日から幕張メッセで行われるカスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」の出展概要を告知。新型の軽SUV「TAFT(タフト)」をはじめ、メーカーが提案するカスタム軽をたくさん披露します。

ダイハツ「TAFT コンセプト」(写真:ダイハツ工業、以下同) ダイハツ「TAFT コンセプト」(写真:ダイハツ工業、以下同)

 注目の1台は、ゴツくワイルドな顔立ちの「TAFT コンセプト」。TAFTは2020年中ばに登場予定とする期待の新型軽SUVです。東京モーターショー2019で披露した軽SUVのコンセプトカー「WakuWaku」(関連記事)から、今回の東京オートサロン2020ではまだ“コンセプト”ながらもTAFTの車名が加わり、いよいよほぼ市販車と言えるデザインで初披露となるようです。

 TAFT コンセプトは遊び心がある骨太ヤンチャなオフロード志向のスタイリングで、フラットな荷室や開放的なガラスルーフを採用します。2020年1月に新型が登場するスズキの軽SUV「ハスラー」のいいライバルになりそうです。

ガラスルーフを搭載 開放的なガラスルーフを採用
ダイハツ「TAFT コンセプト」のスペック TAFT コンセプトの主な仕様
東京モーターショー2019で披露した軽SUVのコンセプトカー「WakuWaku」 (参考)東京モーターショー2019で披露した軽SUVのコンセプトカー「WakuWaku」

 軽トラック「ハイゼットトラック」ベースのカスタムもかなり面白そうです。アウトドア雑誌とコラボした「ハイゼットトラック PEAKS Ver.」、荷台を丸ごとDJブースにしてしまったギンギラな前世代ヤンチャ仕様風「ハイゼットトラック DJ Ver.」、初音ミク仕様の移動販売車にした「ハイゼットトラック 初音ミク マルシェVer.」はお目立ち度が高そうです。

 さらに2019年11月にデビューしたばかりの小型SUV「ロッキー」(関連記事)のカスタム版「ロッキー Sporty Style」、トヨタチューンの「コペン GR SPORT」(関連記事)をカスタムした「コペン GR SPORT カスタマイズ Ver.」などを展示します。

 また、ダイハツブースでは漫画家の田中むねよし氏がTAFT コンセプトを題材に来場者とコミュニケーションをしながらその場でイラストを描いてくれるという「ライブ・ドローイングショー」や、実物のエンジンパーツを用いたエンジン組み立て体験「エンジン組立チャレンジ」なども催します。

ダイハツ「ハイゼットトラック 初音ミク マルシェVer.」 かわいい仕様の「ハイゼットトラック 初音ミク マルシェVer.」
ダイハツ「ハイゼット トラック DJ Ver.」 こ、これがメーカー純正カスタム提案っすか……!? と驚きそうな、心地よくヤンチャ仕様の「ハイゼット トラック DJ Ver.」
ダイハツ「コペン GR SPORT カスタマイズ Ver.」 コペン GR SPORTをカスタムした「コペン GR SPORT カスタマイズ Ver.」
タント CROSS FIELD Ver. 「もっと怖い顔……」になった「タント CROSS FIELD Ver.」


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.