ニュース
» 2019年12月26日 17時30分 公開

違和感仕事して! 三菱「エクリプス」をベースにランボルギーニ「ガヤルド」を再現した猛者がすごい

事故車両のエクリプスをベースに手作り。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 三菱「エクリプス」をベースに、ランボルギーニの傑作車「ガヤルド」を再現したレプリカが海外で注目を集めていました。海外のカスタムカーYouTubeチャンネル「Wheelers Builders」が手がけたもので、パッと見ただけでは本物だと信じちゃうレベルです。違和感仕事して!

photo 製作された「ガヤルド」のレプリカ(画像はYouTubeより)

 「ガヤルド」はランボルギーニが生産しているV10エンジン搭載モデル「ウラカン」の先代にあたるモデルで、約1万4000台も生産・販売されたランボルギーニで最も売れたクルマとしても知られています。

 そんなガヤルドの本物そっくりなレプリカを作り上げたWheelers Builders。彼らはまず初めにガヤルドの3Dモデルを使って、ボディ形状が似ているクルマを探しました。その結果、ベース車両に選ばれたのが三菱エクリプスのオープンカーモデル。三菱の米国法人が生産していたクルマで、現在はSUV「エクリプス クロス」がその名を受け継いでいます。

photo ベースとなった三菱「エクリプス」(画像はYouTubeより)
photo 該当車両は事故のためリア部分が大きく破損していました(画像はYouTubeより)

 車体の各パーツは3Dプリンタなどで作り、微調整を加えながら取り付けていきました。シートはランボルギーニらしいスポーティーなデザインをチョイスして、自作したヘッドセットを取り付けています。

photo ベースとなる車両探しの様子(画像はYouTubeより)
photo 各パーツの取り付け時の様子(画像はYouTubeより)
photo シートはスポーティーさのあるデザインに(画像はYouTubeより)

 そして出来上がったレプリカガヤルドは、パッと見ただけでは偽物とは思えないほど精巧な仕上がり。ただ、内装などには異なる部分も多く、例えば本物のガヤルドはミッドシップレイアウトを採用していましたが、このレプリカではエクリプスと同じ前輪駆動です。車体の空いたスペースには後部座席が追加され、4シーター仕様となっています。

photo 一目見ただけではレプリカとは思えません(画像はYouTubeより)
photo こちらは本物のランボルギーニ「ガヤルド」(写真:ランボルギーニより)

 今回のレプリカ製作にかかった費用は、部品や人件費なども合わせても合計200万ルーブルから250万ルーブル(約350万円から約440万円)ほどとのこと。本物のガヤルドが今でも1000万円以上で取引されているを考えると、かなり安価といえます。

 Wheelers Buildersは自身のYouTubeチャンネルでお披露目動画とメイキング映像を公開しているので、どのようにして作られたのか気になる人はチェックしてみるといいでしょう。

Lamborghini Gallardo REPLICA - The FINAL!
製作時途中の姿を映したメイキング動画「Lamborghini Gallardo Replica | How it all started」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.