ニュース
» 2019年12月18日 14時00分 公開

「よっしゃ、時速300キロでついてこいやぁぁ」 ランボルギーニ・ウラカン、イタリアの空港に「誘導車」として配備 (1/2)

さすがイタリア。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 「よっしゃ、オレについてこいやぁぁぁ!」 あのランボルギーニ・ウラカンが、イタリア・ボローニャ空港の「誘導車」として配備されました。……は? どういうことですか?

photo ボローニャ空港に配備された「ウラカン RWD Follow Me」(写真:ランボルギーニ、以下同)

 ウラカンは、大排気量のV型10気筒NAエンジンによる高い走行性能を持ち、低くワイドに構えたランボルギーニらしい鋭く攻撃的なスタイリングが魅力のスーパーカー。過激仕様の「ウラカンEVO」(関連記事)やサーキット専用の「スーパートロフェオ」(関連記事)から、オフロード版の「ウラカン ステラート」(関連記事)などの変種、さらにはその速さを買われてイタリア警察やドバイ警察へ納入された「ポリツィア・ストラダーレ」という激速パトカー仕様も存在する、多方面から人気の車種です。

 そんなスーパーカーをまさかの旅客機の誘導車に仕立てたのが、今回の「ウラカン RWD Follow Me」です。後輪駆動のウラカン RWDをベースに、5.2リッターの自然吸気V10エンジンを搭載。最大580馬力の大パワーを発生し、最高速度は時速320キロ、3.4秒で時速100キロに達する加速性能を持ちます。

photo ウラカン RWD Follow Me。たぶん最速の空港誘導車

 ウラカン RWD Follow Meは、鮮やかで目立つオレンジをベースに、チェッカー模様、そしてイタリア国旗を模したペイントを施し、屋根には回転灯、そして「Follow me(オレについてこい!)」という文字が大きく描かれます。……たぶん最速の空港誘導車ですよねきっと。

photo 追加装備された回転灯、そして「Follow me」の文字


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.