ニュース
» 2020年01月01日 17時40分 公開

「佐々木望さんでありますように」 アニメ映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」特報映像公開にファンたちの声集う(1/2 ページ)

ガンダムNTに続く「UC NexT 0100」第2弾、先行イベントも開催。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 アニメ「機動戦士ガンダム」の宇宙世紀シリーズ最新作となる映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の劇場公開が2020年7月23日に決定し、特報映像が解禁されました。これはうれしいお年玉だ!

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 特報解禁 ホワイトベース艦長だったブライト・ノアの息子・ハサウェイの活躍を描く
動画が取得できませんでした
「閃光のハサウェイ」特報映像

 同作は、「機動戦士ガンダムUC」のその後にあたる宇宙世紀の新たな100年を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクトの第2弾作品(第1弾は「機動戦士ガンダムNT」)。ガンダムの生みの親である富野由悠季監督が1989年に発表した同名小説が原作となっています。舞台は宇宙世紀105年。第二次ネオ・ジオン戦争(「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」)で苦い別離を経験した、ブライト・ノア(元ホワイトベース艦長)の息子ハサウェイが、新型モビルスーツ、Ξ(クスィー)ガンダムを駆り、地球連邦政府に反旗を翻す姿を描くことになるようです。

閃光のハサウェイ 特報映像
閃光のハサウェイ 特報映像
閃光のハサウェイ 特報映像

 特報映像では、冒頭から「逆襲のシャア」のアムロとシャアの因縁と最後の戦いが、TM NETWORKによる主題歌「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙(そら)を越えて〜」をバックに展開。そして、澤野弘之さんが手掛ける劇伴に乗せて、新たな戦闘と主人公・ハサウェイやギギ・アンダルシア、ケネス・スレッグらメインキャラが登場する新規映像へと移り変わるという、物語の継承が強調された内容になっています。新世代のファンを興奮させるのはもちろん、途切れなくガンダムの世界を見届けてきたファンたちの心を鷲掴みすること間違いなしです。

閃光のハサウェイ 特報映像
閃光のハサウェイ 特報映像
閃光のハサウェイ 特報映像

 監督は「虐殺器官」の村瀬修功さん、脚本は「機動戦士ガンダムUC」のむとうやすゆきさん。キャラクターデザインは「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」の美樹本晴彦さんを原案を元に、pablo uchidaさん、恩田尚之さん、工原しげきさんの3人が担当。メカニカルデザインは森木靖泰さん原案の元、カトキハジメさん、山根公利さん、中谷誠一さん、玄馬宣彦さんの4人が手掛けます。

『逆襲のシャア』のダイジェスト映像も公開

 また、同作公開に先駆け、3月24日にファンイベント「GUNDAM FAN GATHERING -『閃光のハサウェイ』 Heirs to GUNDAM-」を東京・お台場のZepp DiverCityで開催することが決定。詳細は公式サイトで確認できます。

 今回の特報映像にファンからは、歴代の映像作品で数多くハサウェイの声を担当してきた佐々木望さんがキャスティングされることを望む声が多数寄せられていました。キャストは3月24日のイベントで発表されるとのことですが、果たして誰が担当するのでしょうか。


(C)創通・サンライズ

ADAKEN

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する