ニュース
» 2020年01月06日 17時00分 公開

心臓部がバケモノすぎんか!? 日産「シルビア S14」を海外のドリフトチームが魔改造、トヨタ製V12エンジンを搭載する暴挙 (1/2)

あれ、シルビアなのにTOYOTAのステッカー?

[志田原真俊,ねとらぼ]

 日本のドリフト競技「D1グランプリ」は海外でも人気があり、世界各国でD1グランプリに影響を受けた大会が開催されています。そのひとつであるニュージーランドの「D1GP」に出場しているOlivecrona Drift Motorsportというチームが、ある魔改造マシンを作り上げました。

シルビア S14 V12 見た目はS14型シルビア

 ドリ車としては定番中の定番、日産のS14型シルビアをベースにしたこちらのマシン。ド派手な緑のグラフィックがキマっています。フロントバンパーから大きなインタークーラーが見え、いかにもハイパワーなエンジンを積んでいそう……って、あれ? 日産車のはずなのに、フロントの目立つ場所にToyotaz Galoreという現地のトヨタ車向けパーツ販売店のステッカーが貼られています。“FOR TOYOTA”って書いてあるけど……何かの間違いかな?

シルビア S14 V12 トヨタのV12エンジンがズドン

 エンジンルームを開けてみるとその謎が解けます。実は、トヨタの「センチュリー」に搭載されているV12エンジン「1GZ-FE」にエンジンスワップされているのです。もちろん高級車のエンジンそのままでは競技向きではないので、CAD技術も活用して大幅に手を加えています。ラッパ状のファンネルが12個も並ぶさまは圧巻。実はこのマシン、元はシルビアのSRエンジン、次にGT-RのRB26を積み、それでも物足りず、さらなるパワーとトルクを求めてこのエンジンに行き着いたそうです。

シルビア S14 V12 V12エンジンを搭載したシルビア S14(画像はYouTubeより

 V12といえば、日本のある有名チューナーが最高速アタックのために作り上げた金ピカの「V12スープラ」もこのエンジンがベースでした。本来の用途とはかけ離れた意外な使い方でも人気(?)なエンジンですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.