ニュース
» 2020年01月06日 17時00分 公開

心臓部がバケモノすぎんか!? 日産「シルビア S14」を海外のドリフトチームが魔改造、トヨタ製V12エンジンを搭載する暴挙 (1/2)

あれ、シルビアなのにTOYOTAのステッカー?

[志田原真俊,ねとらぼ]

 日本のドリフト競技「D1グランプリ」は海外でも人気があり、世界各国でD1グランプリに影響を受けた大会が開催されています。そのひとつであるニュージーランドの「D1GP」に出場しているOlivecrona Drift Motorsportというチームが、ある魔改造マシンを作り上げました。

シルビア S14 V12 見た目はS14型シルビア

 ドリ車としては定番中の定番、日産のS14型シルビアをベースにしたこちらのマシン。ド派手な緑のグラフィックがキマっています。フロントバンパーから大きなインタークーラーが見え、いかにもハイパワーなエンジンを積んでいそう……って、あれ? 日産車のはずなのに、フロントの目立つ場所にToyotaz Galoreという現地のトヨタ車向けパーツ販売店のステッカーが貼られています。“FOR TOYOTA”って書いてあるけど……何かの間違いかな?

シルビア S14 V12 トヨタのV12エンジンがズドン

 エンジンルームを開けてみるとその謎が解けます。実は、トヨタの「センチュリー」に搭載されているV12エンジン「1GZ-FE」にエンジンスワップされているのです。もちろん高級車のエンジンそのままでは競技向きではないので、CAD技術も活用して大幅に手を加えています。ラッパ状のファンネルが12個も並ぶさまは圧巻。実はこのマシン、元はシルビアのSRエンジン、次にGT-RのRB26を積み、それでも物足りず、さらなるパワーとトルクを求めてこのエンジンに行き着いたそうです。

シルビア S14 V12 V12エンジンを搭載したシルビア S14(画像はYouTubeより

 V12といえば、日本のある有名チューナーが最高速アタックのために作り上げた金ピカの「V12スープラ」もこのエンジンがベースでした。本来の用途とはかけ離れた意外な使い方でも人気(?)なエンジンですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」