ニュース
» 2020年01月07日 14時43分 公開

竹書房、海賊版サイト問題で米クラウドフレアを提訴 サーバ提供会社への損害賠償請求は初

「漫画村」にサーバを提供していたことでも有名でした。

[ねとらぼ]

 竹書房は1月7日、米Cloudflare,Inc.に対し、著作権侵害ページの削除および損害賠償を求める民事訴訟を提起したと発表しました。海賊版サイト問題でサーバ提供会社への損害賠償請求は今回が初めてで、訴状は2019年12月20日付で東京地方裁判所に受理されたとのこと。Cloudflareは過去「漫画村」にもサーバを提供していたことで知られ、訴えが認められれば今後、海賊版サイトへの対策が大きく前進する可能性があります。



 竹書房によると、Cloudflareはこれまで多数の違法サイトにサーバを提供しており、また再三にわたる著作権侵害コンテンツの削除要請にも応じなかったため、今回の訴訟に至ったとのこと。竹書房側は「本来、サーバーの提供等は直接の著作権侵害行為ではないと判断しておりますが」と前置きしつつ、「著作権侵害者に対してサービスを与えることで、簡易かつ大規模に著作権侵害を行える環境を提供していることもまた事実」とCloudflareについて指摘。サービス提供者側の責任をあらためて問うことで、著作権侵害を今後容易には行えなくすることが主な目的と説明しています。


竹書房 Cloudflare公式サイト。

 竹書房側の代理人を務める中島博之弁護士(東京フレックス法律事務所)は今回の訴訟について、次のようにコメントしています。


 そもそも海賊版サイトはインターネット上のサーバを利用しなければ運営ができません。海賊版サイトの多くは「削除申請がサーバ提供会社側に来ても、海賊版サイトへのサービス停止や解約を行わない企業」を選んで、運営を安定化させようとしています。

 今回、このような態度をとるサーバ提供会社にも一定の責任が生じることを明らかにできれば、海賊版サイトにサービス提供を行う企業が減り、海賊版サイトの運営自体を困難にすることができると思われます。また、Cloudflare本社があるアメリカの法律では、サーバ提供会社のような「通信を媒介する企業」が免責される要件の1つとして、「反復して侵害を行う者に対してはしかるべき条件の下で契約を解除すること」などが必要と定めております。海賊版サイトは一目見ただけで大量の著作権を侵害していることは明らかですので、このようなサイトを認識し、権利者からの削除要請があるにもかかわらず放置することの是非を問いたいと思います。(中島博之弁護士)



 なお、今回の訴訟にあたっては、証拠となる海賊版サイトのデータ保全などで「弁護士ドットコムRights」が協力しているとのこと。竹書房はもともと、弁護士ドットコムRights立ち上げ時の実証実験などに協力していました(関連記事)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.