ニュース
» 2020年01月09日 09時08分 公開

Twitter、ツイートにリプライできるユーザーを制限する機能をテスト

間違いやデマを正すことができなくなるとの指摘も。

[ねとらぼ]

 Twitterは2020年初頭に、ツイートにリプライできるユーザーを制限するオプションのテストを始めると発表しました。

 「ユーザーが自分の始めた会話をよりコンロトールできるようにすることで、Twitterで安全に会話に参加していると感じてほしい」と同社は説明。

 海外メディアによると、同社はCESのイベントで、誰でもリプライできる「Global」、投稿者がフォローしている人とメンションした人がリプライできる「Group」、ツイート内でメンションした人がリプライできる「Panel」、誰もリプライできない「Statement」の4つのオプションを明らかにしたとのこと。

 この機能に対しては、嫌がらせを受けている人にとっては素晴らしいものだという評価がある一方で、間違いやデマを正すことができなくなるとの指摘もみられます。Twitterのプロダクト責任者は自身のTwitterで指摘に対し、そうした危険性を認識しているとして、「例えば、ツイートの引用(誰かのツイートに異議を唱えたり、虚偽を暴露する重要な方法だ)を認め、引用ツイートを見やすくする方法と合わせることは大事だ」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた