ニュース
» 2020年01月10日 19時50分 公開

今だからこそ見たい名エピソード 上原正三さんをしのび「帰ってきたウルトラマン」第33話「怪獣使いと少年」無料公開

ウルトラマンシリーズ随一の傑作。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 円谷プロは1月10日、ウルトラマンシリーズやスーパー戦隊シリーズなどのシナリオを多数手掛けた脚本家・上原正三さんが1月2日に死去したことを受け、代表作の一つである「帰ってきたウルトラマン」第33話「怪獣使いと少年」を無料公開しました。ウルトラマンシリーズ随一ともいわれるエピソード、この機会にじっくり味わいたいものです。

帰ってきたウルトラマン 上原正三 怪獣使いと少年 円谷プロ 上原さんをしのんで不朽の名作を無料公開(TSUBURAYA GALAXY公式サイトから)

 沖縄県出身の上原さんは、「ウルトラマン」でメインライターを務めた同郷でもある故・金城哲夫さんの誘いで設立間もなかった円谷プロに入社。「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」の脚本を手掛けた後にフリーとなり、1971年放送の「帰ってきたウルトラマン」でメインライターを務めました。中でも今回公開された第33話「怪獣使いと少年」は、あるきっかけで宇宙人と暮らすことになった1人の少年がいわれなきレッテルを貼られ強烈な迫害を受けるという、子ども向け番組としては異例のシビアなストーリーが描かれました。その衝撃は今も伝説となって多くのファンの間で語り継がれています。

帰ってきたウルトラマン 上原正三 円谷プロ 上原さんがメインライターを務めた「帰ってきたウルトラマン」(円谷プロ公式サイトから)

 上原さんは生前、ある雑誌のインタビューで同作についてこう話しています。「あれはまだ新人ライターだったからやれたんです。ここでやらなきゃいつやるの? という思いもあったし、“上原正三ここにあり”という作品をやらないでどうする、というある意味山っ気みたいなものが、あの作品になったんだと思います」(「昭和40年男」2013年12月号より抜粋)。現代ではさまざまな制約から困難と思われる表現が多分に含まれていますが、だからこそ見ておく価値のある内容であると言えるでしょう。

 「帰ってきたウルトラマン」の後、「がんばれ!!ロボコン」「秘密戦隊ゴレンジャー」「宇宙刑事ギャバン」など東映制作の名だたる特撮作品でも無数の脚本を手掛けた上原さん。本当にありがとうございました。ご冥福をお祈りします。


ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン