ニュース
» 2020年01月11日 17時00分 公開

「エヴァ」作中組織がモチーフの防災アプリ「特務機関NERV」専用災害対策車輌が初公開 三菱自動車、スカパーJSAT、内閣府がバックアップ (1/2)

かっこいい。

[だい,ねとらぼ]

 1月10日〜12日にかけて行われるカスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」にて、三菱自動車が防災アプリ「特務機関NERV」とコラボした災害対策車輌「アウトランダーPHEV 特務機関NERV仕様」を初公開しました。

オートサロン 特務機関NERV 三菱 アウトランダーPHEV 特務機関NERV仕様
オートサロン 特務機関NERV 三菱 スペック情報

 アウトランダーPHEV 特務機関NERV仕様は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する組織「特務機関NERV」をモチーフにした災害情報をTwitterやアプリで発信するサービスと連携した特別なクルマです。

 サービスを運営するゲヒルン、三菱自動車、スカパーJSAT、さらに内閣府が協力しています。

オートサロン 特務機関NERV 三菱 アウトランダーPHEV 特務機関NERV仕様のサイド
オートサロン 特務機関NERV 三菱 特務機関NERVのロゴ
オートサロン 特務機関NERV 三菱 「特務機関NERV災害対策車料」の文字

 ベース車となるアウトランダーPHEVは、エンジンとモーターを備えたSUVタイプのプラグインハイブリッドEVで、100V AC電源(1500W)が使用できるコンセントを車内に2つ備えていおり、さまざまな機器への電源供給や充電が可能。「走る電源」として災害による長期停電にも対応した車輌となっています。

 またスカパーJSATが提供する平面型衛星アンテナ「KYMETA u7」を搭載していて、日本国内全域でインターネットが利用可能となっています。

オートサロン 特務機関NERV 三菱 EVチャージャー対応

 さらに内閣府準天頂衛星システム戦略室から衛星安否確認サービス「Q-ANPI」の端末が貸与されており、衛星システム「みちびき」を経由した安否確認や避難所運営情報など、災害時に必要とされる情報の確認が行えるようにもなっています。

オートサロン 特務機関NERV 三菱 衛星安否確認サービス「Q-ANPI」
オートサロン 特務機関NERV 三菱

 4WDならではの走行性能と、災害時に活躍できるシステムを満載した特別車。活躍する機会は少ないほうがいいですが、いざという時はがんばってほしいですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.