ニュース
» 2020年01月13日 20時00分 公開

心温まる猫漫画『おじさまと猫』が累計100万部突破&最新4巻発売! 母親に猫を押しつけられた“別のおじさま”の物語(1/2 ページ)

おじさま“たち”と猫のやり取りから目が離せない……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 温かい笑顔と感動の声を集める桜井海先生の猫漫画『おじさまと猫』が、累計発行部数100万部を突破。そんな人気のコミックス第1〜3巻に続いて、最新第4巻が1月11日に発売されました。猫の「ふくまる」とおじさま、ふたりの物語は“再会”で次の展開へ!



漫画 おじさまと猫 桜井海 ふくまる おじさま 第4巻 100万部 累計100万部はめでたい! そして左の男性は……?

 ペットショップで長く売れ残っていた猫の「ふくまる」と、これまで猫を飼ったことがない物静かな男性の「おじさま」。一緒に暮らす以前、それぞれ孤独な時間を過ごしていたふたりは、まさに「出会えたことが幸福」だと思える日々を過ごし、お互いに幸せな笑顔が増えていきます。それは周囲の人々との関係にも影響を与え、笑顔の連鎖や行動の変化、さらには20年以上ぶりの再会も……!


漫画 おじさまと猫 桜井海 ふくまる おじさま 第4巻 100万部 何度見てもグッとくる出会いのシーン……!(関連記事

漫画 おじさまと猫 桜井海 ふくまる おじさま 第4巻 100万部 ふくまるとおじさまの温かい日々が描かれます(関連記事

 おじさまの名前は神田冬樹。現在はピアノの先生として音楽教室で子どもたちに教えていますが、以前は著名なピアニストでした。そんな彼の才能に小さい頃から打ちのめされ、ずっと妬んでいた人物が、現役ピアニストの男性・日比野奏。長い間話していなかった2人でしたが、ある日、偶然一緒になったペットショップで「猫を飼っているんですか」と、神田からの言葉でピアノではなく“猫”についての会話がはじまります。

 日比野が猫用品を買っていた理由は、自分勝手な性格の母親から「いらなくなっちゃったの」と猫を押しつけられたから。彼は母親と相性が悪く、子どもの頃には大切な愛犬を勝手にペットショップへと返された過去を持っていました。


漫画 おじさまと猫 桜井海 ふくまる おじさま 第4巻 100万部 日比野視点で描かれる猫との物語(以下、第3巻より)

漫画 おじさまと猫 桜井海 ふくまる おじさま 第4巻 100万部

漫画 おじさまと猫 桜井海 ふくまる おじさま 第4巻 100万部 昔から母親に振り回されている日比野

漫画 おじさまと猫 桜井海 ふくまる おじさま 第4巻 100万部 この子は!?

 そんな日比野は猫初心者であり、「獣なんて触りたくもないのに」とぼやいてもいました。しかしその後、猫を神田に押しつけようとするも、できない自分に気がつきます。そこで思い出したのは、わずか1週間という時間ですが愛犬だった「コロン」との幸せな日々と、別れたあとの悔しい気持ち。「僕が大人だったら、お金があれば、コロンを取り戻すことができたのに…」

 日比野は神田とのやり取りの中でその自分の“猫への本心”に気づき、「時間なんて関係ない。出会った時から、飼うと決めた時から、お前はもう家族だよ」と心に強く思うのでした。過去に願った思いをついに果たす日比野の心情にうるっとくる……。


漫画 おじさまと猫 桜井海 ふくまる おじさま 第4巻 100万部 日比野の家にやってきた猫は「ふくまる」にそっくり(以下、第4巻より)

漫画 おじさまと猫 桜井海 ふくまる おじさま 第4巻 100万部 ふくまるとマリン、いざ対面……

漫画 おじさまと猫 桜井海 ふくまる おじさま 第4巻 100万部

 猫を通じた再会で、ようやく話をするようになった神田おじさまと日比野。漫画ではさらに再会時の神田おじさま側の視点も描かれ、どういう気持ちで日比野に対して積極的に接したのか、またその後の2人の関係も描かれています。そしてもう1つ、ふくまると日比野の飼い猫「マリン」の“再会”も大事なエピソードです。ふくまるとマリンの見た目がそっくりな理由は……?

 第4巻では、上記の再会エピソードから、おじさまと周囲の人々との交流や、それによって生まれるおじさまの“新しい”笑顔と「嬉しい」を見ることができます。もちろん単行本限定の描き下ろしエピソードも収録しています。ちなみに第4巻発売記念フェアとして「書店特典」も用意されているので、気になる方は桜井海先生のTwitterで確認するといいでしょう。


漫画 おじさまと猫 桜井海 ふくまる おじさま 第4巻 100万部 おじさまとふくまるのやり取りがほほえましい4コマ形式の番外編

 Twitter発の漫画『おじさまと猫』は、現在「pixivコミック」にて連載中。さらに発売中の『月刊少年ガンガン』2月号では表紙と巻頭カラーを飾っており、特製スケジュールステッカーも付属しているので、コミックスと同時にチェックしましょう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声