ニュース
» 2020年01月13日 17時56分 公開

島田紳助、約9年ぶりに“キレキレトーク”披露 misonoのYouTubeチャンネル出演でヘキサゴン、近況、テレビを語る

トーク力が全く変わってない。

[深戸進路,ねとらぼ]

 2011年に芸能界を引退した島田紳助さんが1月13日、歌手のmisonoさんのYouTubeチャンネルに出演。フジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン」ファミリーであるタレントの山田親太朗さんとの3ショットトークとなっています。


島田紳助 YouTube misono 復帰 出演 トーク 山田親太朗 ヘキサゴン 右端に島田さん。約9年ぶりに表舞台に(画像はYouTubeから)

 今回の出演は、11日にmisonoさんが島田さんと再会した際に「YouTube撮ろうぜ」と島田さんから逆オファーを受けたことで実現(関連記事)。芸能界復帰やYouTuberデビューの意思が全くないことは、すでにmisonoさんのブログで詳細に明かされており、「『misonoの応援をしたいから』ただそれだけだそうです」と夫のNosukeさんの闘病を支えるなど苦労も多いmisonoさんのために出演したようです。本当に復帰はなさそう。

 動画冒頭、misonoさんと山田さんに紹介される形で「こんばんは」と約9年ぶりに姿を現した島田さん。キャップをかぶりひげが生えた姿で登場すると、現役時代を一瞬で思い出させるようなキレキレのトークを展開。フジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン」の思い出話に花を咲かせながら、天然ボケをかます山田さんに次々とツッコミを入れる姿は“あのころの島田紳助”そのままでした。トークのスピード全く衰えてない……。

島田紳助 YouTube misono 復帰 出演 トーク 山田親太朗 ヘキサゴン 現役時代と全く変わらないキレキレトークを披露(画像はYouTubeから)

 YouTube出演の経緯については、「misonoがねYouTubeがんばってる言うから、俺も出してくれやって言うてこういうことなったんですよ」と説明。話題が引退後の生活に移ると、「ストレスなくなった〜」としみじみ語った姿が印象的で、「筋トレして、ゴルフばっかりして、魚釣りして、思ったところに好きに行って……」と自由を満喫しているようでした。忙しいながらも暇を感じていたという現役時代と比べ、現在の生活を“有意義な暇”と表現をしています。

 その他にも、現役時代よりもコンプライアンス問題が厳しくなった昨今のテレビ業界や、ヘキサゴンファミリーの近況についても語った島田さん。現在はテレビをほとんど見ていないとしながらも、「フジモンも離婚したしなぁ (ヘキサゴンファミリーの)不幸率8割くらいや」とほやほやの話題にも触れて笑いを誘っていました。

島田紳助 YouTube misono 復帰 出演 トーク 山田親太朗 ヘキサゴン 藤本敏史 フジモン 離婚 misonoさん(画像はmisonoオフィシャルブログから)

 今回の動画は前編で、後編は後日公開予定。視聴者からは、「紳助さん元気そうで良かった〜」「今の紳助見れてよかった」など島田さんの登場を喜ぶコメントや、「やっぱこの人本当の天才だ、、、」「やっぱり話面白いし、引き込まれます」「引退して何年も経つのに話術が変わらなくて凄いです」など衰えないトーク力に驚く声があがっています。

関連キーワード

misono | YouTube | 島田紳助 | テレビ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた