ニュース
» 2020年01月14日 11時14分 公開

10年後の雫と聖司くんに会えるぞー! 「耳をすませば」、清野菜名と松坂桃李で実写映画化

2人の10年後が見られるとは。

[のとほのか,ねとらぼ]

 柊あおいさんの青春漫画で、スタジオジブリ制作のアニメーション映画にもなった「耳をすませば」が実写映画化。月島雫を女優の清野菜名さん、天沢聖司を松坂桃李さんが演じ、9月18日に公開されます。

耳をすませば 月島雫 天沢聖司 清野菜名 松坂桃李 10年後の雫と聖司を演じる清野さんと松坂さん (C)柊あおい/集英社 (C)2020「耳をすませば」製作委員会

 同作は、1989年に柊さんが少女コミック誌『りぼん』(集英社)で発表した青春恋愛漫画。読書が好きな中学生の雫が夢に向かって生きる聖司に思いを寄せる姿が描かれ、1995年に公開されたアニメーション映画では、雫の声を本名陽子さん、聖司を高橋一生さんが担当し、大ヒットを記録しました。

 実写映画では、それから10年後の2人。雫は、小説家になる夢を諦め出版社で児童小説の編集者として働き、夢を追い続けた聖司は、海外で暮らしており、2人の間には距離が生まれてしまっているというストーリです。

耳をすませば 月島雫 天沢聖司 清野菜名 松坂桃李 中学時代の2人(画像はAmazon.co.jpから)

 監督は、「ROOKIES 卒業」(2009年)「ツナグ」(2012年)、「記憶屋 あなたを忘れない」(2020年)などを手掛けた平川雄一朗さん。原作で描かれた“あの頃(過去)”とオリジナルストーリーとなる“10年後(現在)”の二重構造で、雫が忘れていた“あの頃の気持ち”を取り戻す姿を描きます。

 雫役の清野さんは今回のキャスティングに「誰もが大好きな名作『耳をすませば』の世界に雫として存在出来ること、とても嬉しく光栄に思っております」「彼女の思いに寄り添いながら、雫の持っているピュアな心を大切に、丁寧に演じていきたいと思っています」と前向きなコメント。「ツナグ」で平川監督とタッグを組んでいた聖司役の松坂さんは、「平川監督ともう一度組む事ができる喜びと緊張感を噛み締めながら、撮影に臨みたいと思います」と意気込みをつづっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた