ニュース
» 2020年01月17日 17時45分 公開

「本名全くあばれてないですね!」 あばれる君、世界遺産検定合格通知書の“本名”に注目が集まる (1/2)

次は二級、最終的に一級を目指します。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 お笑い芸人のあばれる君が1月16日、世界遺産検定三級の合格を通知書の写真とともに報告。ファンからは合格を祝福する声が寄せられる一方で、通知書に書かれたあばれる君の本名「古張裕起」にも注目が集まっています。


世界遺産検定 あばれる君 合格 本名 「古張裕起 様」(画像はあばれる君Instagramから)

 あばれる君は、「やった!! 三級ではありますが!! 世界遺産検定三級受かりました!! 次は二級!! その次一級目指します!!」と喜びを隠せない様子。世界遺産検定は、世界遺産を通して国際的な教養を身に付け、持続可能な社会の発展に寄与する人材の育成を目指した検定。2006年に始まって以来、これまで20万人超が受検、10万人以上が認定されています。


 あばれる君は2019年12月15日、世界遺産検定の試験会場前で撮った写真を投稿しており、そのときは「巡りたい世界遺産。まずは紙面上で旅する事にします。世界遺産検定の日ぃ!!」と報告していました。世界遺産の「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の一部にあたる荻反射炉を訪れた写真もInstagramで公開したこともあり、以前から関心を持っていたようです。

世界遺産検定 あばれる君 試験に臨むあばれる君(画像はあばれる君Instagramから)

世界遺産 あばれる君 萩反射炉 世界遺産「萩反射炉」の前で(画像はあばれる君Instagramから)

 あばれる君の今回の報告にファンからは、「お忙しい中勉強お疲れ様でした」「チャレンジを忘れない心リスペクト」「芸人の仕事もしながら、子育ても協力しながら、勉強して合格するなんてすごい」と祝福と称賛の声が多数寄せられた他、「本名なんて読むんだー?」「古張さんなんですね」「本名かっこいいですね!」「本名全くあばれてないですね!」と本名に注目する人もたくさん見られました。あばれてないあばれる君もいいな!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.